活動レポート

活動レポート

エコプロ2016見学

MIYASHIRO エコ☆スターズ(埼玉県宮代町)

活動日:

2016年12月10日

実施場所:

東京ビッグサイト

参加メンバー&サポーター数:

10人

活動の分野:

  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会

活動内容

持続可能な社会の実現に向けて開かれる日本経済新聞社主催の日本最大級の環境展示会。今年は12/8~10、東京ビッグサイトで開催されました。企業や大学、NPOなどによる環境体験学習や展示、紹介があり環境分野の幅広さを実感できるイベントでもあります。

参加者のようす

東武動物公園駅に集合して電車を2回乗り継いで、お昼前にようやく国際展示場に到着しました。乗車時間が長いので飽きてしまうかと心配でしたが、着いてすぐにお弁当を食べて元気になり会場に入りました。見たいところをあらかじめ決めてはいたものの、人ごみでたどり着けず予定の半分も回れませんでした。が、1つのブースにじっくり時間をかけて見たり体験したので、学習するという目的は達成したようです。

感想・気づいたこと・考えたこと

エコプロに行って震度7の地震を体験しました。こんなに震度7の地震はすごいと思いました。また、他のところも心に残りましたがこの地震体験が一番でした。(小3ゆら)私はエコプロに行って二酸化炭素のことについてよく知ることができました。二酸化炭素は有害なので減らさなければいけないのです。そのためにはゴミを作らないゴミを出さないように使えるものは使えなくなるまで大切に使いごみを減らすことが大事だと考えました。ゴミの分別も大切です。生かせるものもごみにしないことです。(中1あんず)

その他

まず、たくさんの企業が環境問題に取り組んでいることに驚きました。素材の開発や軽量化、リサイクルなど工夫されていることがたくさんありました。皆がリデュース・リユース・リサイクルの3Rを本格的に取り組んで地球環境を守っていかなければ行けないと思いました。冷暖房の温度や紙の資料、照明の照度などまだまだ無駄なことが多いと感じます。また、コープのブースで説明のあったレインフォレストアライアンス(熱帯の森を守る)、レッドカップキャンペーン(ガーナの子どもに給食を届ける)、農家の人を守る地産・国産の買い方など、食品の買い物でも人に優しい考え方が広まっていくと良いと思いました。(サポーター木村)

MIYASHIRO エコ☆スターズさん、こんにちは。
東武線と地下鉄を乗り継いで動物公園から豊洲のビックサイトまでいったとのこと。大旅行でしたね。お疲れ様でした^^
エコプロダクツ展のブースを見て歩いたのと合わせると、大変な遠足になりましたね。この時期は冬至が近く、陽が早く暮れてしまうから、帰宅したときは真っ暗だったでしょう。
でもこの展示会は年々立派になっています。大きな会社のブースはみな工夫を凝らして環境問題をわかりやすく説明していますから、きっと勉強になったと思います。これからの活動のヒントももらえたかな?
来年以降もぜひ続けて見に行ってみてください。
エコまる
MIYASHIRO エコ☆スターズのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

192 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名MIYASHIRO エコ☆スターズ
  • 所在地埼玉県宮代町
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

私たちMIYASHIROエコ☆スターズは、地球環境について真剣に考え行動する子どもたちのグループです。宮代町に住んでいる小・中・高生ならだれでも参加できます。これまでに宮代町の「宮代町子ども環境会議」、「宮代町キッズエコサミット」やこども環境フォーラム主催の「環境大使報告会」「こども環境フォーラムIN TOKYO,NAGOYA」などに参加してきました。私たちと一緒に活動をしたい方は是非ご連絡ください。 代表 白石雅浩

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧