活動レポート

活動レポート

夜の昆虫観察会

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2016年7月23日

実施場所:

茨城県水戸市

参加メンバー&サポーター数:

306人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

毎年恒例の夜の昆虫観察会に参加しました。
天候も恵まれ、多くのこどもたちとサポーターが参加しました。
夏休みの最初の土曜日、僕たちはこの日を待っていました。カブトムシが来てくれたら最高です。

参加者のようす

先生は逆川こどもエコクラブサポーターの昆虫の2人の専門家が案内してくれました。
暗くなるまでの間に、バッタ類やチョウチョなど観察しながら学習しました。暗くなると、虫が寄ってくるブラックライトを照らしていよいよ、夜の昆虫観察です。

感想・気づいたこと・考えたこと

近くの桜の枝にセミの幼虫発見!成虫になるんだ。と、じっくり観察です。
幼虫は、葉っぱにぶら下がり、数十分、背中から、真っ白いセミの成虫が出てきました。これには、たくさんの人たちがカメラを向けて撮影会です。先生はアブラゼミと言っていました。
感激しました。

その他

その後、カブトムシ、クワガタが飛んでくるのを待ちましたが、カナブン、コガネムシのラッシュ。残念ながら僕らが家に帰る時間までは姿をみれませんでした。でも、とっても楽しかったです。先生方ありがとうございました。レポート中2 虫レンジャー

逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
夜の虫の観察ですね。実は、同じ日に私も、夜の虫の観察会に参加していました。ライト・トラップに集まる虫を観察するのも、暗い夜道を探検するのも楽しいですよね。
7月末になると、セミの羽化はニイニイゼミから、アブラゼミやミンミンゼミにバトンタッチします。観察した日は、ちょうどアブラゼミが出現しはじめの頃ですね。背中が割れて真っ白のセミの成虫が出てくるようすは、本当に神秘的です。
私が参加した観察会でもセミの羽化を観察できたので、参加者のみんなと感激を分かち合いました。セミは、種類によって羽化する時期が少しずつずれますから、記録をとるとおもしろいですよ。また、オスとメスの羽化日の違いを調べるのもよいでしょう。虫レンジャーのメンバーならぜひチャレンジを!!^^
ライト・トラップには、コガネムシがよく飛んできますが、カブトムシやクワガタはなかなか集まりません。でも、セミやハチ、小さな虫などがたくさん集まったと思いますから、日頃とは違う虫の姿も観察できたことでしょう。
夏休みは、日頃とは違う体験ができますね。いろいろなことにチャレンジして、また報告してください。
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

306 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧