活動レポート

活動レポート

第4回千波湖市民ビオトープ

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2015年10月3日

実施場所:

水戸市千波湖

参加メンバー&サポーター数:

280人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会

活動内容

今年で4年目になります千波湖市民ビオトープ活動が多くの参加者のもと、盛大に開催されました。天候にも恵まれ、こどもたち200人以上がチャレンジしました。クラブサポーターが準備したビオトープの土台に、次々に植物が植えられました。泥んこになりながら、「みんな笑顔」水戸市民の千波湖への思いをのせて、一本、一本、水質浄化と生物空間が広がっていくように育っていってください。

参加者のようす

水戸ホーリーホックのキャラクター「ホーリー君」も、かけつけてくれました。ビオトープには、毎年、来てくれます。植え方は、高学年がガマ、中学年がセキショウ、低学年がイグサを順番に植えていきました。最後に、水草をみんなで植えて完成。参加したたくさんのこどもたちが混乱することなく、スムーズに流れていきました。サポーターや市民の方々の協力があって見事に完成することができました。皆様へ感謝いたします。

感想・気づいたこと・考えたこと

泥んこになりながら、笑顔で植えてくれた参加者の笑顔は、水戸のシンボル「千波湖」の水をきれいにしたい、生物多様な空間を増やしたい、自分の手でかかわってみたい。といった気持ちの強さを感じました。これからも、みんなで力を合わせていましょう。

その他

主催の千波湖水質浄化推進協会は、平成22年に、市内22の団体が協力し合い、千波湖をきれいにするためにできた団体です。逆川こどもエコクラブは、この中の、こども代表として事業にかかわってきています。嬉しいのは、クラブOBが大学生の友達を連れて来たり、高校生はこのための同好会を作って参加してくれたり、確実に、大人からこどもまで、エコ活動がつながっていることが嬉しいです。皆様の協力ありがとうございました。(ビオトープ担当)

逆川こどもエコクラブのみなさん、活動報告をありがとうございます。
今回は千波湖市民ビオトープでの植栽活動が中心だったのでしょうか。ガマ、セキショウ、イグサは、いずれも日本に昔からある植物で、本来の日本の風景をつくっているものです。こうした植物は水の流れの強さや溜まりなど、それぞれの特性にあった水環境に見ることができます。そうしたことをみんなで調べ勉強していくと、さらに活動の幅が広がると思います。水の中だけでなく、土手や丘の上の植物についても考えていくのもよいでしょう。
逆川こどもエコクラブが中心となり、多くの市民と一緒に水戸の自然を再生保全していってください^^
では、次回の報告も楽しみにしています。
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

999 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧