活動レポート

活動レポート

今年最初のホタレンジャー活動

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2015年4月18日

実施場所:

水戸市桜川緑地

参加メンバー&サポーター数:

45人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

今年最初となるホタレンジャー活動を行いました。逆川緑地と同じ、千波湖偕楽園公園エリアの森と湧水地を整備する作業です。うっそうと茂った森の下には豊富な湧水があって、その昔、ホタルが生息していたと言われます。ホタルと豊かな生態系を復活させる作業がはじまりました。日陰でじめじめしていた森の間伐をサポーターが約1ヶ月、行ってきました。こどもたちは放棄されたごみや、間伐した木を片付けました。

参加者のようす

間伐した大きな杉の木と、枝をサポーターと一緒に運びました。また、タイヤやバイク、自転車など放置されたごみも約200kgあるかと思いますが運び出しました。斜面のじめじめした湿地なので、足元が悪く、運び出す作業は大変でしたが、すごく豊かな環境がでてきたので、嬉しくなりました。

感想・気づいたこと・考えたこと

片付けが進むと、日がさし、きれいな森が再生してきました。湧水にはサワガニが、森にはクワガタが見つかりました。きっと、生き物のもっとすみやすい環境になったと思います。

その他

来週まで、土、日の4日間で整備を終え、5月31日には、ホタルがすみやすい環境つくりを多くの人たちの協力で行っていきます。

水戸偕楽園エリアの森と湧水を綺麗にする作業活動をやった様子。お疲れ様でした。
自然の森林は放っておいてもなんとか格好を保ちますが公園の木々や水辺は人手(ゴミ捨て等)が加わるから厄介ですね。ゴミが捨てられないうようにするには、利用者に対する注意・監視、広報と、モラル教育が重要です。この辺をみんなで話し合ってみませんか。
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

284 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧