活動レポート

活動レポート

春の野草を食べよう

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ(兵庫県尼崎市)

活動日:

2013年4月7日

実施場所:

猪名川河川敷&自然林

参加メンバー&サポーター数:

17人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

活動内容

猪名川の河原で野草を摘みをします。
摘んだ野草を、天ぷらやおひたしにしてみんなで食べます。

参加者のようす

河原ではノビルを小さなシャベルを使って掘りました。大きな白い球根がたくさん採れました。
よもぎ団子を作りました。よもぎを刻むのは大変だっとようですが、粉をこねるのは楽しかったようです。あんこやきな粉をつけて食べました。

感想・気づいたこと・考えたこと

自然林にキクラゲがはえていてびっくりしました。ゆでて酢みそをつけて食べると、とてもおいしかったです。
カラスノエンドウの葉っぱの天ぷらもおいしくて、たくさん食べました。

野草は料理の方法によって本当においしくなりますね。わたしたちも毎年ヨモギ団子をつくるのですが、子どもたちも率先して手伝いをしてくれます。そして、できた餅は「いただきます。」が終わるとあっというまになくなってしまいます。自然の中には食べられるものがいっぱいあり、工夫次第で美味しく食べることができるのだということを知ることは、自然を大切にすることにつながり、また物を大切にすることにつながることだと思います。ぜひ、いろいろな季節の野草で楽しんでください。ただ、自然の中には猛毒を持っているものもたくさんあります。子どもたちには自分たちの判断だけで野草を口にすることのないようにくれぐれも注意してやってください。
エコまる
自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

52 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
  • 所在地兵庫県尼崎市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

尼崎市という都市の中で比較的に田畑や自然が残っている園田地域で、地域の自然を楽しみ守る活動をしています。
 藻川の河原には、ヒメボタルがたくさん生息しています。ヒメボタルを守るために、河原のゴミ拾いや特定外来植物:アレチウリやオオブタクサの駆除活動をおこなっています。
 また、川に入っての生き物さがし、河原のバッタなどの観察、春の野草を食べる会、猪名川自然林での木の実遊びなどをおこない、たくさんの子ども達に私達のまちの自然に関心を持ってもらうための活動もしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧