活動レポート

活動レポート

ゴマダラチョウの幼虫さがし

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ(兵庫県尼崎市)

活動日:

2023年1月15日

実施場所:

猪名川自然林

参加メンバー&サポーター数:

26人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

エノキの下の落ち葉の裏で冬越しをしているゴマダラチョウの幼虫をさがします。カメムシなども見つけたいと思います。
ハコベやセイヨウカラシナなどの野草を摘んで、野草のお粥も作ります。

参加者のようす

芝生広場でロゼットで冬越しをする植物を観察しました。きれいに広げた葉を見て、「お花みたい」と言っていました。ロゼットと葉バラの花の模様をさすそうです。
落ち葉を1枚1枚拾って幼虫をさがします。小さな幼虫が見つかった時は、とっても嬉しそうでした。

感想・気づいたこと・考えたこと

ゴマダラチョウの幼虫は、小さくてかわいかったです。頭に2本の角がありました。触ると硬かったです。
野草のお粥は美味しかったです。作るのを一緒に手伝いました。

「自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ」のみなさん、活動レポートを送ってくれてありがとう。
今回のレポートは「ゴマダラチョウの幼虫(ようちゅう)さがし」ですね。冬のあいだ、チョウたちはどうしているのかな。冬にふさわしい、おもしろいテーマですね。成虫で越冬(えっとう:冬をすごす)するチョウ、さなぎで越冬するチョウ、幼虫で越冬するチョウなど、チョウの種類によって冬のすごしかたがいろいろありますね。
エノキの根元の枯葉(かれは)をめくると、ゴマダラチョウの幼虫がみつかりました。アカボシゴマダラやさなぎはみつからなかったかな。こんど機会があったら教えてくださいね。
近くで野草をつんで、野草のおかゆを食べたのですね。自然観察をしたあとの冷えきった体が温まるおもてなしですね。レポートを読んでいてわたしも体が温まる感じがしました。
冬越しをする植物も観察できたとのこと。地べたに葉を広げたロゼットを観察できたのですね。春になるとロゼットはどうなるのかな。ずっとみていたくなりますね。春になったらロゼットがどうなったか、ぜひたしかめに猪名川自然林へ行ってみてください。
みなさんのこれからの活動が楽しみです。次の活動レポートを待っていますよ。
エコまる
自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

40 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
  • 所在地兵庫県尼崎市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

尼崎市という都市の中で比較的に田畑や自然が残っている園田地域で、地域の自然を楽しみ守る活動をしています。
 藻川の河原には、ヒメボタルがたくさん生息しています。ヒメボタルを守るために、河原のゴミ拾いや特定外来植物:アレチウリやオオブタクサの駆除活動をおこなっています。
 また、川に入っての生き物さがし、河原のバッタなどの観察、春の野草を食べる会、猪名川自然林での木の実遊びなどをおこない、たくさんの子ども達に私達のまちの自然に関心を持ってもらうための活動もしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧