活動レポート

活動レポート

猪名川のアユの産卵場づくり

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ(兵庫県尼崎市)

活動日:

2022年10月23日

実施場所:

藻川

参加メンバー&サポーター数:

14人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:飢餓をゼロに
  • SDGs:安全な水とトイレを世界中に
  • SDGs:住み続けられるまちづくりを

活動内容

国土交通省猪名川河川事務所の主催イベントです。猪名川キッズクラブも協力団体になっています。アユが産卵しやすくなるように、川底を耕してふかふかにします。天然のアユが増えるようにみんなでお手伝いします。

参加者のようす

ライフジャケットをつけて川の中をスコップなどで耕します。みんなですると楽しそうです。最後においしいアユの塩焼きを食べさせてもらいました。美味しかったです。

感想・気づいたこと・考えたこと

いつも活動する場所がアユの産卵場所でした。ビックリしました。みんなで頑張って、猪名川・藻川のアユが増えたらいいなあと思いました。

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみなさん、活動報告をありがとうございます。
「いつも活動する場所」がアユの産卵場所だったことにおどろいたとありますが、よく知っているつもりが意外(いがい)な事実や発見があるものですね。ですから、自然は楽しいですし、すばらしいと思います^^
アユの産卵場(さんらんじょう)を作るために、なぜ川底を掘(ほ)り起こすのでしょうか。また、なぜ、掘り起こして産卵場を作る必要があるのでしょうか。活動する本当の意味や自然のすばらしさを考えていくことを大切にしたいですね。そして自然に感謝(かんしゃ)することを忘れないようにしましょう。
アユは川の中の珪藻類(けいそうるい)を食べていますので、藻川という名前はアユがたくさん生息するのにふさわしいと思います。ぜひ、そのアユを守っていってくださいね。では、次回の報告も楽しみにしています。
エコまる
自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

255 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
  • 所在地兵庫県尼崎市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

尼崎市という都市の中で比較的に田畑や自然が残っている園田地域で、地域の自然を楽しみ守る活動をしています。
 藻川の河原には、ヒメボタルがたくさん生息しています。ヒメボタルを守るために、河原のゴミ拾いや特定外来植物:アレチウリやオオブタクサの駆除活動をおこなっています。
 また、川に入っての生き物さがし、河原のバッタなどの観察、春の野草を食べる会、猪名川自然林での木の実遊びなどをおこない、たくさんの子ども達に私達のまちの自然に関心を持ってもらうための活動もしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧