活動レポート

活動レポート

揖保川研修1 染河内川調査

玉一アクアリウム(兵庫県神戸市)

活動日:

2022年9月18日

実施場所:

宍粟市 揖保川支川染河内川

参加メンバー&サポーター数:

6人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:海の豊かさを守ろう
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

台風が近づいているので早めに染河内川に行きました。今回は前回と違って水量が少なく魚も多かったです。初めに水生昆虫をとって、その後釣りをしました。網での調査では1時間30分で、カワムツの幼魚~未成魚約40匹、カワヨシノボリの幼魚~成魚約30匹、オオヨシノボリの成魚9匹、オオシマドジョウの成魚2匹、タカハヤの未成魚1匹、ニホンイシガメの未成体1匹、ミナミヌマエビ(カワリヌマエビ属を含む)の幼体~成体約120匹、サワガニの幼体~成体約30匹、コオニヤンマの幼虫13匹、コヤマトンボの幼虫8匹、コシボソヤンマの幼虫2匹、ミヤマカワトンボの幼虫1匹、ナツアカネの成虫5匹、ゲンジボタルの幼虫8匹、ヘビトンボの幼虫6匹、オオヤマカワゲラ属の1種の幼虫1匹、ヒゲナガカワトビケラの幼虫27匹、ヤマトトビケラ属の1種の幼虫4匹、ホソバトビケラの幼虫1匹、シロタニガワカゲロウの幼虫約30匹、クロタニガワカゲロウの幼虫1匹、エルモンヒラタカゲロウの幼虫1匹、ヒメフタオカゲロウ属の1種の幼虫約10匹、フタバコカゲロウの幼虫約30匹、ヒラタドロムシの幼虫10匹がとれました。

参加者のようす

前回よりも大きいニホンイシガメやオオシマドジョウ、前回とれなかったタカハヤもとれました。釣りの調査では、かえしのない釣り針を使って、カワムツの未成魚~成魚7匹、オヤニラミの成魚1匹が釣れました。オヤニラミが釣れることは想像していなかったので驚きました。カワムツは、その場でとったヌマエビと先にとっていたミミズで釣れました。オヤニラミはミミズを穴の中で動かすと勢いよく食いついてきました。

感想・気づいたこと・考えたこと

今回もいい調査になりました。

その他

報告担当:KR(高2サポーター)

玉一アクアリウムのみなさん、活動報告をありがとうございます。
比較的短時間の調査で、計6名のメンバーとサポーターさんで多くの水生生物を確認することができましたね。ところで、みなさんの調査で気になっていることがあります。その一つは調査方法で、定量的な調査をしているのか、定性的な調査をしているのかということです。このことは調査の目的と関連していて、経年変化を調べようとしているのか、どこに何がいたのかという実態調査をしているのかということも気になりました。また、調査データをどのように活用しているのかも気になっています。調査方法と調査目的を明確にして、比較検討したり広報発表したりしていくとよいでしょう。また、事実の報告だけでなく、エコクラブとしてのアクションを加えていけるとさらによいと思います。では、次回の報告も楽しみにしています。
エコまる
玉一アクアリウムのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

199 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名玉一アクアリウム
  • 所在地兵庫県神戸市
  • クラブの種類その他

クラブ写真

玉一アクアリウムは、明石川を守り育てる活動をしている小中高生のグループです。
1年を通して週に1度は川に入り、魚や水生生物をとって川の環境を調査しています。絶滅危惧種や在来種は、調査の後にリリースし、外来種はリリースせずに駆除をして、その命を無駄にしないように、みんなでおいしくいただいています。
2007年より活動を開始していますが、現在は特定外来生物のブルーギルやオオクチバスが目に見えて減り、かわりにオイカワやモロコなどの幼魚や成魚が今までで一番多く、成果を感じています。そして知識向上のために漁協や水族館や試験場や棚田の保全活動などに参加して勉強していますが、その度にいろんな事で、様々な人達に親切にしていただいています。明石川のためにはもちろんのこと、その方々のためにもこれからもしっかり学んで行きたいです。
※オオクチバスとブルーギルを環境省と農水省から許可をもらって飼っています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧