活動レポート

活動レポート

外来種について考える

西京極こどもエコクラブ(京都府京都市)

活動日:

2022年6月5日

実施場所:

花園キリスト教会水族館

参加メンバー&サポーター数:

7人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:海の豊かさを守ろう
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

様々な外来種の魚や動物を展示している施設を訪問し、外来種の問題について考えました

参加者のようす

普通の水族館では見ることのできないワニガメ、カミツキガメやピラルク、タライロンなど初めて見たり聞いたりする生き物がいっぱい。噛みつかれると大けがをすると聞いて最初は少し圧倒されていました。
アルダブラゾウガメやトカゲ(ヒョウのような模様のある)を触らせてもらって大喜びでした。

感想・気づいたこと・考えたこと

低学年の子どもには少しむつかしい話もありましたが、どうしてたくさんの外来種の生き物がここに展示されているのか考えるきっかけになったようでした。
見学時間が1時間と限られていたため、全員がもう一度来たいと言っていました。


その他

子どもたちは家に帰ってから見てきた生き物のことを家族に話したようでした。

エコまる
西京極こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

4 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名西京極こどもエコクラブ
  • 所在地京都府京都市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真(No Image)

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧