活動レポート

活動レポート

揖保川研修1 揖保川中流調査

玉一アクアリウム(兵庫県神戸市)

活動日:

2022年8月22日

実施場所:

宍粟市 揖保川中流

参加メンバー&サポーター数:

7人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:海の豊かさを守ろう
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

揖保川中流で1時間調査をしました。カワムツの幼魚~未成魚約30匹、カワヨシノボリの幼魚~成魚10匹、オヤニラミの幼魚~未成魚6匹、ドンコの未成魚2匹、タカハヤの未成魚1匹、ミナミヌマエビ(カワリヌマエビ属を含む)の幼体~成体約60匹、サワガニの幼体~成体約20匹、ヒメクロサナエの幼虫8匹、コオニヤンマの幼虫3匹、コヤマトンボの幼虫2匹、コシボソヤンマの幼虫1匹、ムカシトンボの幼虫1匹、ヘビトンボの幼虫3匹、ヒゲナガカワトビケラの幼虫24匹、ニンギョウトビケラの1種の幼虫7匹、コカクツツトビケラの1種の幼虫6匹、オオカクツツトビケラの1種の幼虫6匹、シロタニガワカゲロウの幼虫13匹、ミヤマタニガワカゲロウの幼虫7匹、マダラカゲロウの1種の幼虫5匹、フタスジモンカゲロウの幼虫2匹、キイロカワカゲロウの幼虫2匹、ヒメトビイロカゲロウの幼虫6匹、シロハラコカゲロウの幼虫約10匹、アブ科の幼虫1匹が捕れました。

参加者のようす

明石川に生息していない水生生物が捕れて勉強になりました。小学生メンバーたちは、オヤニラミや水生昆虫を一生懸命に捕まえていました。捕ったトンボの幼虫を高校生サポーターに同定してもらったら、希少なムカシトンボの幼虫だと褒めてもらったけど、僕は知らずにただ捕っただけなので、同定してくれた先輩のことを褒めたいです。触ると音を出すことも教えてもらいました。

感想・気づいたこと・考えたこと

揖保川で珍しい水生生物が捕れました。前に来た時よりも上達して捕まえられたから、とても嬉しかったです。

その他

報告担当:NR(中2)

玉一アクアリウムのみなさん、こんにちは。揖保川研修の活動レポートをありがとう。
すんだ川で生きものをたくさん見つけて、思いきり水遊びもして、最高の夏休みだね(^_-)-☆
揖保川にはそんなにたくさんの種類の生きものがいるんだね。めずらしい生きものもつかまえたなんてすごいな!!そして、くわしい先ぱいがそばにいて心強い!!つかまえたNRさんも、同定してくれた先ぱいも、ふたりともすばらしいよ。小中高生みんなが仲良く貴重な体験をして、すばらしい研修ですね。
<揖保川研修2 染河内川調査 のレポートへのメッセージにつづきます>
エコまる
玉一アクアリウムのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

219 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名玉一アクアリウム
  • 所在地兵庫県神戸市
  • クラブの種類その他

クラブ写真

玉一アクアリウムは、明石川を守り育てる活動をしている小中高生のグループです。
1年を通して週に1度は川に入り、魚や水生生物をとって川の環境を調査しています。絶滅危惧種や在来種は、調査の後にリリースし、外来種はリリースせずに駆除をして、その命を無駄にしないように、みんなでおいしくいただいています。
2007年より活動を開始していますが、現在は特定外来生物のブルーギルやオオクチバスが目に見えて減り、かわりにオイカワやモロコなどの幼魚や成魚が今までで一番多く、成果を感じています。そして知識向上のために漁協や水族館や試験場や棚田の保全活動などに参加して勉強していますが、その度にいろんな事で、様々な人達に親切にしていただいています。明石川のためにはもちろんのこと、その方々のためにもこれからもしっかり学んで行きたいです。
※オオクチバスとブルーギルを環境省と農水省から許可をもらって飼っています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧