活動レポート

活動レポート

セミ捕りをして素揚げで食べよう

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ(兵庫県尼崎市)

活動日:

2022年8月11日

実施場所:

猪名川自然林

参加メンバー&サポーター数:

23人

活動の分野:

  • 分野:生活・省エネ 生活・省エネ
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:飢餓をゼロに
  • SDGs:住み続けられるまちづくりを
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

猪名川自然林でセミ捕りを楽しみます。アブラゼミ、クマゼミが中心ですが、ニイニイゼミも捕まえたいです。
捕まえたセミは素揚げにして食べます。私たち人間は、生き物の命をいただいて生きていることを感じたいと思います。

参加者のようす

「美味しいセミを捕まえよう」と、セミ捕りからスタ-とです。なかなかセミが見つかりません。高いところにいるセミは、大人の人に手伝ってもらって捕まえます。
セミを油に入れて素揚げにするのを、真剣な顔で見ていました。一口食べると、「おいしい」と2匹目にも手が出ていました。

感想・気づいたこと・考えたこと

セミを捕まえるのは大変でした。初めて自分で捕まえて嬉しかったです。セミの素揚げは少しかわいそうでしたが、美味しかったです。エビの味がしました。美味しかったです。

その他

農業用水路で捕まえたアメリカザリガニも、20日ほど泥抜きをしていたので、大きなお鍋で塩ゆでにして食べました。こちらもエビでした。美味しくいただきました。

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみなさん、セミとりのレポートをありがとうございました!しかも、セミをつかまえりだけじゃなくって油であげて食べたというレポートを読ませていただいてびっくりしました。 
考えてみれば、昔からイナゴやハチを食べていたのですから、セミが食べられないはずはありません。セミのほうが大きいから食べごたえがあるはずです。今までは「セミはおいしくないから食べないのかなぁ」と思っていました。でも、みなさんのレポートを読むと、おいしかったみたいですね。ところで、どのセミがいちばんおいしかったでしょう?ニイニイゼミを食べた感想も聞きたかったです。
セミを食べなかったのは、みなさんがセミを取るのに苦労したことでもわかるように、たくさんとれないからだと思いました。ハチは、巣を見つければ一度にたくさんとれますし、イナゴは子どもでもたくさんとれます。
セミやアメリカザリガニを食べたという活動は、食料の問題にも役立ちそうですね。これからも、楽しくておもしろい活動を続けてレポートを送ってくださいね。楽しみに待ってます!
エコまる
自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

195 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
  • 所在地兵庫県尼崎市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

尼崎市という都市の中で比較的に田畑や自然が残っている園田地域で、地域の自然を楽しみ守る活動をしています。
 藻川の河原には、ヒメボタルがたくさん生息しています。ヒメボタルを守るために、河原のゴミ拾いや特定外来植物:アレチウリやオオブタクサの駆除活動をおこなっています。
 また、川に入っての生き物さがし、河原のバッタなどの観察、春の野草を食べる会、猪名川自然林での木の実遊びなどをおこない、たくさんの子ども達に私達のまちの自然に関心を持ってもらうための活動もしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧