活動レポート

活動レポート

生物多様性センターを見学しました

高槻市立第六中学校・自然観察同好会(大阪府高槻市)

活動日:

2022年8月1日

実施場所:

大阪府立環境農林水産総合研究所(地方独立行政法人)生物多様性センター

参加メンバー&サポーター数:

11人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:海の豊かさを守ろう

活動内容

このセンターは大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。本館1階に水槽やポスターの展示コーナーがあり、生物多様性について学ぶことができます。ビオトープ池にはイタセンパラが飼育され、周辺は散策可能で、季節ごとに変わりゆくさまざまな生き物や水生植物を観察することができます。帰りに枚方大橋下で水質検査も行いました。

参加者のようす

行くときは暑さで疲れ気味でしたが、センターは冷房があり、イタセンパラを実際に見たり池のコイにえさやりもでき楽しむことができました。

感想・気づいたこと・考えたこと

イタセンパラや淀川の川や池の魚をみることができてよかった。
淀川には多くの生物がいることがわかった。

エコまる
高槻市立第六中学校・自然観察同好会のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

214 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名高槻市立第六中学校・自然観察同好会
  • 所在地大阪府高槻市
  • クラブの種類学校のクラブ

クラブ写真

6中は琵琶湖と大阪湾の中間くらいにあり、近くに淀川や芥川、桧尾川があります。
校内に畑をつくり、トマト、サツマイモ、ピーマン、水菜、キャベツ、サトイモ、エンドウ、イチゴなど主に野菜を育てています。職員室前には同好会のスペースをつくり、スジエビ、テナガエビ、ドンコ、ドジョウナギ、オイカワ、カブト、クワガタなどを飼っています。平日は畑や魚の世話をしています。休日や夏休みは川で活動したり、河川の行事に参加しています。活動の様子は新聞にして校内に掲示しています。同好会の目標は、淀川や芥川の自然を自転車を使って観察し、クリーンキャンペーンなどの清掃活動や外来生物の除去など自然や川を守る活動に参加し、「自然の大切さを学び、伝えていく」というものです。
河川敷を自転車で走りながら自然に目を向けると、心が穏やかになりとても気持ちよくなります。これから交流できることを楽しみにしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧