活動レポート

活動レポート

夜の光に集まる生き物観察

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ(兵庫県尼崎市)

活動日:

2022年7月23日

実施場所:

猪名川の堤防

参加メンバー&サポーター数:

26人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:葉・樹木 葉・樹木

SDGs:

  • SDGs:住み続けられるまちづくりを
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

①夕暮れ時に飛ぶという絶滅危惧種のヒゲコガネさがし(10年ほど前に同じ場所で見つかった記録があり、兵庫県立人と自然の博物館からの調査依頼がありました)。②ブルーライトに集まる生き物の観察。
多様な生き物達がすむ自然があることを確認する。

参加者のようす

夕暮れ時、頭の上を飛ぶ虫がいるとアミを持って追いかけます。ヒゲコガネは見つかりませんでした。日が暮れるとライトトラップに虫がやって来ます。コガネムシの名k間をアミや手で捕まえて大喜びです。パンフレットで一生懸命種類の確認をしていました。

感想・気づいたこと・考えたこと

ヒゲコガネは見つからなかったけど、頭の上をコウモリがいっぱい飛んでいました。コガネムシの仲間がいっぱいやって来ました。光に当たるとピカピカ光ってきれいでした。たくさんお虫がやってきてびっくりしました。

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、ライトトラップの報告ありがとう!
ブルーライトを使ってのライトトラップ、なかなか本格的な調査ですね。残念ながらヒゲコガネは採取できなかったけどいろいろな昆虫(こんちゅう)を記録できたのではないでしょうか?
昆虫は種類が多く、名前を調べることがとてもむずかしいですが、みんなが図鑑(ずかん)で、一生けん命に調べているすがたが目にうかびました。虫の種類や、飛んできた虫の数などを記録しておくと、自然の様子が分かるのでおすすめします。今回のような調査を続けていくと、季節の変化や、一年ごとの変化も見えてきますよ。
それから、虫のほかにもお客さんがいたようですね。たくさんのコウモリが飛んできたのは、光に集まった虫をつかまえるためかもしれませんね。自然を、いろいろな方面から見ることができた調査でした。夏休みのいい体験になりましたね。
次の報告も楽しみにしています!
エコまる
自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

237 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
  • 所在地兵庫県尼崎市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

尼崎市という都市の中で比較的に田畑や自然が残っている園田地域で、地域の自然を楽しみ守る活動をしています。
 藻川の河原には、ヒメボタルがたくさん生息しています。ヒメボタルを守るために、河原のゴミ拾いや特定外来植物:アレチウリやオオブタクサの駆除活動をおこなっています。
 また、川に入っての生き物さがし、河原のバッタなどの観察、春の野草を食べる会、猪名川自然林での木の実遊びなどをおこない、たくさんの子ども達に私達のまちの自然に関心を持ってもらうための活動もしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧