活動レポート

活動レポート

「滝坂の森」の池の保全活動と季節の味を楽しみました

こども環境ラボ(東京都世田谷区)

活動日:

2022年5月22日

実施場所:

調布市立滝坂小学校

参加メンバー&サポーター数:

26人

活動の分野:

  • 分野:生活・省エネ 生活・省エネ
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:分野その他 分野その他

SDGs:

  • SDGs:質の高い教育をみんなに
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう
  • SDGs:パートナーシップで目標を達成しよう

活動内容

前回の活動で知ったアキシマクジラの特徴や歴史、化石から学べることを代表サポーターの岩間美代子先生(Nature Center Risen 理事長、環境カウンセラー)から教わりました。そのあと今が旬のサンショウの実を採集し、あく抜きをして持ち帰り、家庭で食べました。「滝坂の森」の池の土留めの保全では、手作業でみんなで協力して活動することができました。最後に中学生とサポーターが作った椿餅を食べて一休みをしました。

参加者のようす

アキシマクジラの化石は小学校の先生とその子どもが発見したことにみんなで驚きました。サンショウの実の強烈な香りをかいだり、サンショウの葉を食べにきたアゲハチョウの幼虫を観察できました。
「滝坂の森」の池の土留めの保全では、中学生と小学生が重いモルタルを一所懸命に練って、頑張りました。

感想・気づいたこと・考えたこと

・メンバーとサポーターが一団となり、保全活動をすることができた。
・旬の植物を使った調理をして、味わうことができた。
・メンバーが増えたことをみんなで喜び合いました。

こども環境ラボのみなさん、こんにちは。活動レポートを送ってくれてありがとう。
池の修理をして、季節の味も楽しんで、たのしい一日だったね。
みんなで協力して、重いモルタルを一所懸命(いっしょけんめい)にねって、頑張りました。旬の植物を使った調理をして、味わうこともできました。なかまがたくさんいることはすばらしいね。うらやましいなぁ。アキシマクジラの話も聞きました。くじらがいたなんて、びっくり。土の中にはずいぶんと長い歴史が積み重なっているのだね。
一人ではできなくてもみんなでなら、できることもたくさんありそうだね、次はどんなことをするのかな、楽しみだね。報告を楽しみに待っているよ。
エコまる
こども環境ラボのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

15 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名こども環境ラボ
  • 所在地東京都世田谷区
  • クラブの種類その他

クラブ写真

「こども環境ラボ」は、遊びは生きる力だ!をキャッチフレーズに、こども達がエコキッズとなって環境活動に取り組みます。地域の環境調査や自然体験を中心に実践的な環境学習を展開します。世界の環境問題を自分たちのこととして考え、行動できる子ども達を育成します。(協力:調布市立滝坂小学校、事務局:NPO Nature Center Risen)

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧