活動レポート

活動レポート

逆川こどもエコクラブ2022活動スタート

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2022年4月16日

実施場所:

水戸市千波湖

参加メンバー&サポーター数:

77人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:すべての人に健康と福祉を
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう
  • SDGs:パートナーシップで目標を達成しよう

活動内容

青空総会&焼きそばパーティーを終えたメンバーは、早速、湧水の生き物観察会を行いました。
低学年の子供たちの先生は、中学1年、2年のベテランメンバー。ホトケドジョウの生息地に案内し、取り方を伝授。

参加者のようす

ホトケドジョウは毎年、この時期に定量調査を行っています。
湧水の湧き出し口約2m四方の水辺に網を入れ、20分間採取して採取数を確認しました。
昨年度は27尾でしたが本年度は35尾、しかも、幼魚もいましたので、繁殖環境が向上したと評価されました。

感想・気づいたこと・考えたこと

ホトケドジョウの学びの後は、ザゼンソウやミズバショウなどの湿地性植物の観察です。
これら貴重な植物も生き生きと暮らしいる環境は素晴らしいことでる認識を共有しました。

逆川こどもエコクラブのみなさんこんにち!
焼きそばパーティー楽しそうですね。湧水でしか生活できない魚や水生昆虫は少ないですが、それだけにとても貴重ですね。湧水は年間を通じて水温が安定しているので生き物にとっては住みやすい環境です。また季節で水量が変化することもないので良いすみかです。
ホトケドジョウやトンボ類ではオニヤンマ、イトヨなども湧水に生息します。その他にメダカやタナゴ、サワガニなども見られます。全国的には湧水が減少するのに比例して生き物が減少しています。みなさんの活動でこれからも湧水を守ってくださいね。また報告してくださいね。
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

470 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧