活動レポート

活動レポート

ビオトープの再生

玉一アクアリウム(兵庫県神戸市)

活動日:

2022年4月11日

実施場所:

神戸市 玉津第一小学校

参加メンバー&サポーター数:

4人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:海の豊かさを守ろう
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

金曜日に水そうのメンテナンスをして、今日の午後それから初めての水そうの水かえをしました。そのあと1時間30分、ビオトープの続きをしました。

参加者のようす

ヒメガマの根がからみあってかたくなっていて、こみあっている所にスコップを入れて、みんなで手で少しずつむしり取りました。たいへんだったけど、ビオトープが少しずつよみがえってきました。校長先生が長ぐつをはいて見にきてくれたり、担任の先生が2階から見ていてくれました。

感想・気づいたこと・考えたこと

天気がくもりでビオトープにポツポツと波もんがうかんだので雨がふってきたと思ったらメダカの波もんでした。何年も前にアクアリウムがはせ谷川からとってきたメダカが100匹以上に増えていてうれしかったです。ヒメガマを間引きした所に明石川産でナーセリーで大切に育てている神戸市絶滅危惧種のタコノアシとアサザを植えました。この貴重な植物もビオトープで増えてほしいです。

その他

報告担当:MH(小4)

玉一アクアリウムのみなさんへ
水そうとビオトープ池の管理おつかれさまでした!ヒメガマにおおわれていた池の周囲もさっぱりしましたね^^
大きく成長して根もはっていたので間引きは大変だったと思います。
野生生物は言葉を話しませんが、今回のように水面の波もんなどで様子が伝わります。そんな自然の信号はたくさんあります。これから調査や管理をするなかでたくさん学べると思いますので、ぜひご報告ください!つぎのレポートも楽しみにしています。
エコまる
玉一アクアリウムのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

178 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名玉一アクアリウム
  • 所在地兵庫県神戸市
  • クラブの種類その他

クラブ写真

玉一アクアリウムは、明石川を守り育てる活動をしている小中高生のグループです。
1年を通して週に1度は川に入り、魚や水生生物をとって川の環境を調査しています。絶滅危惧種や在来種は、調査の後にリリースし、外来種はリリースせずに駆除をして、その命を無駄にしないように、みんなでおいしくいただいています。
2007年より活動を開始していますが、現在は特定外来生物のブルーギルやオオクチバスが目に見えて減り、かわりにオイカワやモロコなどの幼魚や成魚が今までで一番多く、成果を感じています。そして知識向上のために漁協や水族館や試験場や棚田の保全活動などに参加して勉強していますが、その度にいろんな事で、様々な人達に親切にしていただいています。明石川のためにはもちろんのこと、その方々のためにもこれからもしっかり学んで行きたいです。
※オオクチバスとブルーギルを環境省と農水省から許可をもらって飼っています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧