活動レポート

活動レポート

クズのつるで遊ぼう

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ(兵庫県尼崎市)

活動日:

2021年12月5日

実施場所:

藻川

参加メンバー&サポーター数:

21人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会

SDGs:

  • SDGs:住み続けられるまちづくりを
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

藻川の河川敷を自然観察しながら歩きます。クズが茂ってる場所でクズのつるを取り、大縄跳びをして遊んだり、クリスマス用のリースを作ります。

参加者のようす

歩いている途中、オギが一面に広がっている場所がありました。オギの穂を持ってニコニコ顔です。カヤネズミの巣をさがしましたが、見つかりませんでした。アメリカセンダングサの実:ひっつき虫がいっぱいついてしまいました。

感想・気づいたこと・考えたこと

クズのつるを巻きながらクリスマスリースを作りました。難しかったけど、きれいにできました。長いツルでおおなわとびをしました。とっても楽しかったです。

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみなさん、こんにちは。
藻川の河川敷はたのしいことがいっぱいですね。クズのつるで大なわとび?おどろきです。レポートにはちょうど跳んだところが写っていますね。縄にしたつるの長さはどのくらいだったのでしょう。つるはところどころゴツゴツしていそうですが、うまく回せましたか?
河川敷にはクズ以外にもいろいろな生きものがいます。さて、今回みなさんがフワフワした穂をつんでいたオギはススキとそっくりですが、どこがちがうでしょうか?ひっつき虫のアメリカセンダングサが河川敷にいっぱいなのはどうしてかな?湿った場所が好きなのでしょうか。草むらに住むカヤネズミの巣は今回見つからなかったそうですが、この日本でいちばん小さなネズミは、冬にはどんなふうにくらしているのでしょうか。そう考えると、河川敷にはまだまだいろんななぞがありますね。
クズのつるをつかったリースづくりはむずかしかったそうですが、できばえはどうでしたか。今回、河川敷で自分たちで何かをさがしてあそんだように、これからも自然とのふれあいを大切にしていってもらいたいと思います。
それでは、つぎのレポートも楽しみにしています。
エコまる
自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

4 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
  • 所在地兵庫県尼崎市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

尼崎市という都市の中で比較的に田畑や自然が残っている園田地域で、地域の自然を楽しみ守る活動をしています。
 藻川の河原には、ヒメボタルがたくさん生息しています。ヒメボタルを守るために、河原のゴミ拾いや特定外来植物:アレチウリやオオブタクサの駆除活動をおこなっています。
 また、川に入っての生き物さがし、河原のバッタなどの観察、春の野草を食べる会、猪名川自然林での木の実遊びなどをおこない、たくさんの子ども達に私達のまちの自然に関心を持ってもらうための活動もしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧