活動レポート

活動レポート

環境モニタリング(カヤネズミ)事前勉強会

高槻市立第六中学校・自然観察同好会(大阪府高槻市)

活動日:

2021年10月17日

実施場所:

桂川・水無瀬橋付近

参加メンバー&サポーター数:

8人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

環境省では全国にわたって1000ヶ所程度のモニタリングサイトを設置し、生物多様性に関する基礎的な情報の収集を長期にあたって継続して、日本の自然環境の質的、量的な変化を把握しています。サイトは高山帯、森林・草原、砂浜など8つの生態系に分類され、桂川河川敷地区(京都市伏見区・乙訓郡大山崎町)は生態系「里地」になっています。里地ではカエル類・チョウ類・ホタル類など9項目が調査対象でカヤネズミもその1つです。カヤネズミは。ススキやオギ、チガヤなどイネ科の葉を利用し、地表から約1mの高さに直径10cmほどの小さな球形の巣を作ります。頭胴長5~8cm、尾長6.0~8.5cm、体重7~14gの日本で一番小さなネズミで個体数も多くなく、外来種の繁茂により生息場所である河川敷、休耕地の営巣、生息に適したオギ、ススキ等の高茎草本が減少し、生息地が急減しています。そのため準絶滅危惧種になっています。毎年6月と11月頃の年2回調査が行なわれています。11月の調査に向けて現地で事前勉強会があり参加しました。「乙訓自然を守る会」の方に巣の見つけ方を教わり、河川敷を約800m歩きながら巣をさがし15個以上見つけることができました。11月の調査に参加します。

参加者のようす

初めてで難しいと思いましたが、意外と見つけやすく楽しそうに探していました。

感想・気づいたこと・考えたこと

巣があるということはカヤネズミが生息しているということで、たくさんいることがわかり安心しました。このまま住みやすい環境であってほしいと思いますが、クズが広がっていてカヤやススキ、エサになるエノコログサのない所もかなりあり少し心配です。
本番の調査会では巣をたくさん見つけたい。

高槻市立第六中学校・自然観察同好会のみなさん、こんにちは。
桂川の河川敷では800mくらいの間でカヤネズミの巣が15個も見つかったのですか。ここにはたくさんいるようですね。あの丸い巣はススキなどを裂(さ)いて編み上げているそうですが、カヤネズミの力と器用さにはびっくりします。
生きものの種(しゅ)としてのカヤネズミは、日本からヨーロッパにかけて、ユーラシア大陸の広い地域に分布しています。小さな生きものがどうやって分布をひろげたのかふしぎですね。残念ながら、現在の日本では生息できる草むらがへっているそうです。
みなさんがカヤネズミの調査に参加して、少しずつでもその生活のようすがわかると、彼らがこれからも生きていける環境を守るにはどうすればいいのか、考えるのに役立つと思います。
11月の調査も楽しみですね。またレポートをよろしくお願いします。
エコまる
高槻市立第六中学校・自然観察同好会のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

503 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名高槻市立第六中学校・自然観察同好会
  • 所在地大阪府高槻市
  • クラブの種類学校のクラブ

クラブ写真

6中は琵琶湖と大阪湾の中間くらいにあり、近くに淀川や芥川、桧尾川があります。
校内に畑をつくり、トマト、サツマイモ、ピーマン、水菜、キャベツ、サトイモ、エンドウ、イチゴなど主に野菜を育てています。職員室前には同好会のスペースをつくり、スジエビ、テナガエビ、ドンコ、ドジョウナギ、オイカワ、カブト、クワガタなどを飼っています。平日は畑や魚の世話をしています。休日や夏休みは川で活動したり、河川の行事に参加しています。活動の様子は新聞にして校内に掲示しています。同好会の目標は、淀川や芥川の自然を自転車を使って観察し、クリーンキャンペーンなどの清掃活動や外来生物の除去など自然や川を守る活動に参加し、「自然の大切さを学び、伝えていく」というものです。
河川敷を自転車で走りながら自然に目を向けると、心が穏やかになりとても気持ちよくなります。これから交流できることを楽しみにしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧