活動レポート

活動レポート

バッタを捕まえて、素揚げで食べよう

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ(兵庫県尼崎市)

活動日:

2021年10月3日

実施場所:

猪名川河川敷

参加メンバー&サポーター数:

44人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:飢餓をゼロに
  • SDGs:住み続けられるまちづくりを
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

猪名川河川敷の草原でバッタやキリギリスの仲間を捕まえます。捕まえたバッタは、観察した後、素揚げにします。10月は兵庫県の食育月間です。命をいただくことをみんなで考えます。

参加者のようす

草原でバッタを楽しそうに追いかけています。ショウリョウバッタの大きなメスを捕まえると、「美味しそうなバッタをつかまえたよ」と嬉しそうです。たくさんのバッタを捕まえることが出来ました。バッタの素揚げは、そのままの姿です。こわごわ口にしますが、お代わりで次を食べるのに行列が出来ました。

感想・気づいたこと・考えたこと

バッタを生きたまま油に入れました。かわいそうでした。でも、食べるとおいしかったです。トノサマバッタがおいしかったです。いい経験ができました。

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみなさん、報告ありがとう。
バッタとキリギリスを捕まえたそうですね。キリギリスの方が噛みついて抵抗してきますよね。虫それぞれで反応がちがうことを感じながら、さらに味のちがいも感じる、ステキなイベントですね。
私たちは日頃、お魚やお肉、ご飯や野菜をふつうに食べていますが、なぜか「最近」の日本では、お父さんたちのお酒のおつまみ的な蜂の子やいなごのつくだに以外は、昆虫(こんちゅう)をあまり食材にしてきませんでした。ハエの駆除(くじょ)を一生懸命した頃に昆食虫のイメージが悪くなったことや、重さあたりの値段(ねだん)が高いなど、いろいろ理由にあるそうです。
今回、みなさんが食べたコオロギは、食材として買うと1kg10,000円以上するらしいですよ。高級なお肉と同じくらいの値段ですね。味も、トノサマがおいしいことに気づくなんて、すごいです。
今回の活動は、捕獲から料理まで幅のある、すばらしい活動だと思います。好みの食材や安全な食べ方も知ったみなさんですので、またどこかで別のものにもチャレンジしてみてください。
素揚げは食べる際の安全を考えるとベストですが、料理中の安全への配慮(はいりょ)が必要でなため、サポーターの方のていねいな準備が必要だったことと思います。メンバーの記憶にのこるすばらしい活動を、ぜひこれからもつづけてください^^
エコまる
自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

999 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
  • 所在地兵庫県尼崎市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

尼崎市という都市の中で比較的に田畑や自然が残っている園田地域で、地域の自然を楽しみ守る活動をしています。
 藻川の河原には、ヒメボタルがたくさん生息しています。ヒメボタルを守るために、河原のゴミ拾いや特定外来植物:アレチウリやオオブタクサの駆除活動をおこなっています。
 また、川に入っての生き物さがし、河原のバッタなどの観察、春の野草を食べる会、猪名川自然林での木の実遊びなどをおこない、たくさんの子ども達に私達のまちの自然に関心を持ってもらうための活動もしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧