活動レポート

活動レポート

稲刈りとサバ掛け体験

まきのはら水辺の楽校(静岡県牧之原市)

活動日:

2021年10月10日

実施場所:

牧之原市片浜地区田んぼ

参加メンバー&サポーター数:

18人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:農業・栽培 農業・栽培
  • 分野:分野その他 分野その他

SDGs:

  • SDGs:飢餓をゼロに
  • SDGs:つくる責任つかう責任
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

 今年の6月に田植えを行って、途中で雑草取りや堆肥を与えて、大切に育てた、稲の刈取りを実施しました。

参加者のようす

 たわわに育った稲穂を、鎌で刈取りました。刈り取った稲穂は束ねて、稲穂を干すための、サバ掛け竿に掛けて、2週間ほど天日干しを実施します。例年と比較して、倍くらいの収穫量が有りました。刈取りまでに雑草取り等を実施してして、綺麗なお米が育っていました。
 ただし、稲穂を刈取った後に、沢山の稲穂が田んぼの中に残っているので、落穂拾いをみんなで実施しました。沢山の稲穂が田んぼに残っていたことに、驚いていました。また、稲穂を自宅の玄関等に飾っておくと、一年間は、食べ物に困らない御呪い(言伝え)が有ることを説明して、見つけた落穂を、大切に自宅に持ち帰る事にしました。

感想・気づいたこと・考えたこと

 昨年と比較して、2週間ほど田植えを遅らせたことにより、梅雨の晴れ間が少なくて、田んぼが冠水していたので、雑草が生えにくい環境となり、完全無農薬の米づくりを実践できました。

その他

 2週間後の10月24日に、稲穂の脱穀と籾の選別のトーミを行います。また、先に収穫したサツマイモは、小ぶりな物を稲わらに包んで、地面に埋めて熟成させた物を、24日の日に焼き芋にして食べる予定です。

まきのはら水辺の楽校のみんな、稲刈りの報告ありがとう!
いい天気の中で、稲刈りができたようですね。写真からも、楽しく取組む様子がうかがえました。田植えから稲刈りまで、自分たちの手で行いました。お米が実るまでの生育の様子を、間近で見ることができましたね。かつての農家さんの、苦労(くろう)をしのぶことができたことでしょう。落穂ひろいも、先人のお米を大切にする心のあらわれだと思います。
稲穂を自宅の玄関等(げんかんなど)に飾っておくと食べ物に困らないという言伝えは、知りませんでした。全国には、いろいろな言い伝えがあると思います。調べるのもおもしろそうですね^^
現在の稲作は機械化(きかいか)がすすんでいます。今の稲刈りの仕組みを知ると、また考えが深まると思います。機会があったら、体験してみてください。
次の報告も待っています。
エコまる
まきのはら水辺の楽校のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

132 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名まきのはら水辺の楽校
  • 所在地静岡県牧之原市
  • クラブの種類その他

クラブ写真

○里山の保全・保護活動:榛原ふるさと森の森林等の間伐・下草刈・植樹等を実施して、森林内の保全活動等に取組み、水源の確保と有益な水づくりに取組んでいる。
○谷津田の保全・保護活動と無農薬による米づくり活動:谷津田の内の田んぼで、完全無農薬で古代米づくりを行っている。有機堆肥として落葉樹の落葉を集めて堆肥化している。堆肥化した落葉に産卵されたカブトムシ等の幼虫を翌年森に戻したり、水溜を作って両生類等の生息環境を保持して、生物多様性による食物連鎖で稲の保護に努めている。
○生物観察会と動植物モニタリング調査の開催:生物観察会(モニタリング調査)は、春夏秋冬各1回づつ行っている。活動当初より生態系が多様性に変貌しており、当初は見られなかったゲンジホタルが乱舞する姿や、ゲンゴロウ等の姿を多数確認できるようになった。タゴカエル・ヤマアカカエル等多種のカエルも確認できている。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧