活動レポート

活動レポート

校区の水路のゴミ調査③

高槻市立第六中学校・自然観察同好会(大阪府高槻市)

活動日:

2021年9月20日

実施場所:

6中校区

参加メンバー&サポーター数:

8人

活動の分野:

  • 分野:ごみ・リサイクル ごみ・リサイクル
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:海の豊かさを守ろう
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

前回作業した続きの地点のゴミ回収、水草除去をしました。この地点はヒシがかなり繁殖しています。酒類の缶が目立ちます。他の地点でもできるだけ回収します。
(ゴミ調査)
飲料ペットボトル6、レジ袋2、カップ型飲料容器3、
その他(缶)

参加者のようす

水中と陸に分かれて分担し、汗もかなりかきましたが集中して作業できました。
ヒシの実のとんがったところに注意しながら除去しました。

感想・気づいたこと・考えたこと

ヒシの繁殖がすごい。ヒシは在来種だが除去したほうがいいと思う。
気温が低くなって作業しやすくなった。まだ残っているので早く除去・回収したい。
酒類の缶のポイ捨てが多い。
通っている人から声かけや飲み物をいただきました。

高槻市立第六中学校・自然観察同好会のみんな、水草除去の報告ありがとう!
前回に引き続きの水草除去でしたね。暑い中で大変だったと思いますが、おつかれさまでした^^
さて、ヒシ等の水草を除去することは、ヒシが固定した栄養分を取り除くことになりますから、結果的に水質改善につながりますね。富栄養化(ふえいようか:海水や川の水にふくまれる栄養分が、自然の状態より増えすぎてしまうこと)した水路の水を改善するには、よい方法だと思いました。ただ、水路に適度な量の水草が生えていることは、多様な環境を維持するために効果があると思います。どのような環境を水路に求めるか考えて、いろいろな方策を講(こう)じてみること、中学生の自然観察同好会のメンバーならできるのではないかと、期待してしまいます^^ 目標を決めて、試行錯誤(しこうさくご)しながら活動してほしいと思いました。
次の報告も待っています!
エコまる
高槻市立第六中学校・自然観察同好会のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

526 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名高槻市立第六中学校・自然観察同好会
  • 所在地大阪府高槻市
  • クラブの種類学校のクラブ

クラブ写真

6中は琵琶湖と大阪湾の中間くらいにあり、近くに淀川や芥川、桧尾川があります。
校内に畑をつくり、トマト、サツマイモ、ピーマン、水菜、キャベツ、サトイモ、エンドウ、イチゴなど主に野菜を育てています。職員室前には同好会のスペースをつくり、スジエビ、テナガエビ、ドンコ、ドジョウナギ、オイカワ、カブト、クワガタなどを飼っています。平日は畑や魚の世話をしています。休日や夏休みは川で活動したり、河川の行事に参加しています。活動の様子は新聞にして校内に掲示しています。同好会の目標は、淀川や芥川の自然を自転車を使って観察し、クリーンキャンペーンなどの清掃活動や外来生物の除去など自然や川を守る活動に参加し、「自然の大切さを学び、伝えていく」というものです。
河川敷を自転車で走りながら自然に目を向けると、心が穏やかになりとても気持ちよくなります。これから交流できることを楽しみにしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧