活動レポート

活動レポート

藍の生葉で染物  ③

せいわエコクラブ(大阪府大阪市)

活動日:

2021年7月25日

実施場所:

大阪市天王寺区 地域公民館

参加メンバー&サポーター数:

21人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:農業・栽培 農業・栽培
  • 分野:葉・樹木 葉・樹木

SDGs:

  • SDGs:住み続けられるまちづくりを
  • SDGs:つくる責任つかう責任

活動内容

3月 種まき メンバーの自宅で栽培 
いよいよ 染めます。

活動前に採取して湿らせた新聞に包み会場に持参しました
(すぐにしおれます)
茎から 葉をとるのも 案外時間かかります。葉と水を少し入れてミキサーにかけ小さく粉砕して藍の生汁を作ります。
そして シルクのバンダナを一機に浸します。
15分置いて あとは水洗い オキシドールで色止めをして
きれいな 青に 染まりました。

玉ねぎの皮でも実施しました。 媒染液をミョウバン チタンを使い 黄色 オレンジ色に染めました。

参加者のようす

茎から葉をとるとき 一枚づつでは時間がかかるので 「茎先を持って葉をそぐようにとる」こうすれば簡単に早くできる、、、。・と思っても初めての作業になかなかてこずっていました。
ミキサーも日ごろはなかなか使うことがないので、楽しそうでした。
バケツに 青汁が溜まっていくとわくわくしてきました。

青汁の中には素手をつけるのを 戸惑るメンバーも 「おいしい青汁と一緒なんだよ」と話しても
バケツの中の大量の青汁は 恐怖に感じたようです。
それでも 玉ねぎの煮汁には素手をつけることはできました。

感想・気づいたこと・考えたこと

藍葉は シルクのみ染まることを確認するために
さらし(綿)たんぱく処理したさらし(豆乳で煮る)も一緒に染液に投入しました。シルクはきれいな青 たんぱく処理したさらしは ほんのり青
さらしは 白いままでした。「科学の世界」です。

その他

シルクのバンダナは 今後活動の時に せいわのメンバーの印として 使っていきたいです。こどもにシルクは贅沢?いえいえ 使ってシルクの良さも感じ取ってほしいです。
山に間伐に行くときは 綿(玉ねぎ染め)を使用します。

エコまる
せいわエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

28 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名せいわエコクラブ
  • 所在地大阪府大阪市
  • クラブの種類子供会

クラブ写真

メンバーは高校3年生~小学1年生までです。それぞれのエコ活動を目指しています。
共通のテーマは「水はどこから」です。私たちの飲み水について琵琶湖湖西での間伐のお手伝いを通して自然を守る大切さを学んでいます。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧