活動レポート

活動レポート

「滝坂の森」の池の保全活動を行いました!

こども環境ラボ(東京都世田谷区)

活動日:

2021年5月23日

実施場所:

調布市立滝坂小学校

参加メンバー&サポーター数:

28人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:分野その他 分野その他

SDGs:

  • SDGs:質の高い教育をみんなに
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう
  • SDGs:パートナーシップで目標を達成しよう

活動内容

5月23日(日)、「こども環境ラボ」の第3回目では、みんなで協力して「滝坂の森」の池を直しました。子ども達はたくさんの土を運んだり、池のまわりに植える植物を探したり、みんなで協力して、意欲的に活動することができました。手作りの素敵な池が完成しました。汗をいっぱいかいて活動した後は、「滝坂の森」にあるカシワの葉をつかって、柏餅づくりをしてみんなで食べました。

参加者のようす

前回の活動に引き続き、子どももサポーターも一緒になって、池を完成させました。土は、学校の授業で作った落ち葉堆肥や生ごみ堆肥を使用しました。校庭に生えている草を集めて、池の周りに移植しました。池の養生が終わったら、前回の活動で保護した水生動植物を戻します。柏餅づくりでは、最初にみんなでカシワの葉を採りました。お団子を包んだカシワの葉は、蒸すと色が変わり、とても良い香りがしました。日本の和菓子を手作りした貴重な体験でした。

感想・気づいたこと・考えたこと

・メンバーとサポーターが一団となり、保全活動をすることができた。
・生きものの行き交いや池への期待が高まった。
・旬の植物を使った調理をして、味わうことができた。

こども環境ラボのみなさん、活動報告をありがとうございます。
写真を見ると、メンバーもサポーターさんも熱心に取り組んでいるようすが分かりました。クロメダカがすんでいる手作りの池というのは、いいですね。
今回池を作るのに、堆肥(たいひ)の土を使ったこと、そして校庭の草を池の周りに植えたことが少し気になりました。池は校庭や陸上の環境と異(こと)なりますから、「水辺環境」ということを考えて、これからもメンバーでいろいろと相談しながら、水生生物のためによりよい環境をつくってくださいね。
柏餅づくりは、季節と伝統(でんとう)を感じることができてよかったですね^^では、次回の報告も楽しみにしています。
エコまる
こども環境ラボのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

110 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名こども環境ラボ
  • 所在地東京都世田谷区
  • クラブの種類その他

クラブ写真

「こども環境ラボ」は、遊びは生きる力だ!をキャッチフレーズに、こども達がエコキッズとなって環境活動に取り組みます。地域の環境調査や自然体験を中心に実践的な環境学習を展開します。世界の環境問題を自分たちのこととして考え、行動できる子ども達を育成します。(協力:調布市立滝坂小学校、事務局:NPO Nature Center Risen)

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧