活動レポート

活動レポート

芥川を観察しました

高槻市立第六中学校・自然観察同好会(大阪府高槻市)

活動日:

2021年4月1日

実施場所:

芥川(西の河原橋ー塚脇橋)

参加メンバー&サポーター数:

6人

活動の分野:

  • 分野:ごみ・リサイクル ごみ・リサイクル
  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

今年度がスタートしました。芥川の観察です。川幅を広げるなどの護岸工事が行なわれており、河川環境が急速に変わりつつあります。水生生物もまだ多くはありません。スッポンが水底にじっとしていました。捕獲してしばらく観察します。
(水質調査)
 気温20.8℃,水温14.5℃,COD7,NH4 0.3,PO4 0.05,PH9.2,電導度244
(ゴミ調査)
ペットボトル5,レジ袋5,カップ型飲料容器3、
その他(時計、長靴、缶、タバコ) 
(生物調査)
オイカワの稚魚、カマツカ、エビ類、トビケラ類、スッポン

参加者のようす

スッポンは初めてなので興奮気味です。

感想・気づいたこと・考えたこと

スッポンの体は柔らかく、首が長くのびるのは驚きです。ヒルのような虫がたくさんすいついていて、虫を取ると血を吸われたような跡がついている。痛そうでかわいそう。
水深が浅く生物の数も少ないようです。
高槻の名所摂津峡の桜ももう散りかけています。
お花見に来てゴミをそのまま置いて帰る人もいるようです。

高槻市立第六中学校・自然観察同好会のみなさんこんにちは!
スッポンがいるなんてすごいですね。この時期は今年生まれた稚魚(ちぎょ)が多くてかわいいですよね^^また、ヒルのような生き物がついているスッポンをかわいそうに思えるみなさんの優しい気持ちはすばらしいと思います。
護岸工事(ごがんこうじ)が川の環境を変えるため生き物たちは大変ですが、やがて環境に順応(じゅんのう)してゆくでしょう。「ゴミを捨てていけません」と知っていても捨ててしまうことを考えると、人間だけがいつまでも進歩がないように感じてしまう時があります。人間が地球に悪い影響を与えないようにするにはどうしたら良いか、ぜひみなさんで話し合ってみてください。生き物のことを真剣に考えることができるみなさんに期待しています。次回の活動についてもぜひ報告してください。
エコまる
高槻市立第六中学校・自然観察同好会のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

999 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名高槻市立第六中学校・自然観察同好会
  • 所在地大阪府高槻市
  • クラブの種類学校のクラブ

クラブ写真

6中は琵琶湖と大阪湾の中間くらいにあり、近くに淀川や芥川、桧尾川があります。
校内に畑をつくり、トマト、サツマイモ、ピーマン、水菜、キャベツ、サトイモ、エンドウ、イチゴなど主に野菜を育てています。職員室前には同好会のスペースをつくり、スジエビ、テナガエビ、ドンコ、ドジョウナギ、オイカワ、カブト、クワガタなどを飼っています。平日は畑や魚の世話をしています。休日や夏休みは川で活動したり、河川の行事に参加しています。活動の様子は新聞にして校内に掲示しています。同好会の目標は、淀川や芥川の自然を自転車を使って観察し、クリーンキャンペーンなどの清掃活動や外来生物の除去など自然や川を守る活動に参加し、「自然の大切さを学び、伝えていく」というものです。
河川敷を自転車で走りながら自然に目を向けると、心が穏やかになりとても気持ちよくなります。これから交流できることを楽しみにしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧