活動レポート

活動レポート

こども環境ラボのキックオフデー!

こども環境ラボ(東京都世田谷区)

活動日:

2021年3月28日

実施場所:

調布市立滝坂小学校

参加メンバー&サポーター数:

22人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会
  • 分野:分野その他 分野その他

SDGs:

  • SDGs:質の高い教育をみんなに
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう
  • SDGs:パートナーシップで目標を達成しよう

活動内容

3月28日(日)、「こども環境ラボ」がスタートしました!
初めに一人ひとり自己紹介をした後、代表サポーターの岩間美代子先生(Nature Center Risen 理事長、環境カウンセラー)と一緒に、こどもエコクラブの趣旨を学びました。その後、滝坂小学校の校庭にある子ども達が手作りした「滝坂の森」の自然観察を行いました。みんなで今後の活動計画を話し合いました。これからの活動が楽しみです。

参加者のようす

「滝坂の森」は、ハナモモの花が咲き、コナラが芽吹き、サンショウは蕾をつけていました。サンショウの葉を食べるアゲハの幼虫を観察したり、フトミミズが落ち葉をむしゃむしゃと食べている様子も観察でき、生きものの迫力を感じました。みんな元気に過ごして、とても充実した観察の時間となりました。
活動計画の話し合いでは、全員が発言して、今後の活動に期待を膨らませました。

感想・気づいたこと・考えたこと

・春の季節の生きものの特徴を観察できた。
・小学生は幼児をサポートして優しく教えてあげることができた。
・サポーターもメンバーと一緒に楽しんで活動ができた。
・こどもエコクラブへの期待が高まった。

こども環境ラボのみんな、発足式の報告ありがとう!
新年度をむかえ、新たな活動が始まりましたね。「こども環境ラボ」は、どんなメンバーが集まったのでしょうか?自己紹介をとおして、みんなの「やる気」が伝わったのではないでしょうか!
さて、「滝坂の森」は滝坂小学校内にあるのでしょうか?ハナモモの花が咲き、コナラやサンショウの芽がふくらんできたとのこと、四季の変化を感じられる場所だと感じました。これからさらに暖(あたた)かくなると、いろいろな生きものの活動が見られるようになるでしょう!サンショウの葉を食べるアゲハも観察されました。アゲハ増えるときれいなチョウがたくさん観察できますが、ふえすぎるとサンショウの葉がなくなってしまいます。そんな生きものの関係を、観察していってください。街中ですが、そこにたくましく生活する生きものの姿が見られそうですね!
次の投稿も待っています。
エコまる
こども環境ラボのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

105 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名こども環境ラボ
  • 所在地東京都世田谷区
  • クラブの種類その他

クラブ写真

「こども環境ラボ」は、遊びは生きる力だ!をキャッチフレーズに、こども達がエコキッズとなって環境活動に取り組みます。地域の環境調査や自然体験を中心に実践的な環境学習を展開します。世界の環境問題を自分たちのこととして考え、行動できる子ども達を育成します。(協力:調布市立滝坂小学校、事務局:NPO Nature Center Risen)

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧