活動レポート

活動レポート

山菜採りと源流調査

玉一アクアリウム(兵庫県神戸市)

活動日:

2021年3月27日

実施場所:

神戸市 平野町の里山

参加メンバー&サポーター数:

5人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:飢餓をゼロに
  • SDGs:海の豊かさを守ろう
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

自転車で里山に山菜採りと源流調査に行きました。ワラビやゼンマイやイタドリを採ったあと、すぐ近くの明石川水系の源流の1つの沢で調査をしました。1時間で、オオクチバスの幼魚2匹、アマガエルの成体1匹、ミナミヌマエビの幼体~成体57匹、アメリカザリガニの幼体~未成体22匹、テナガエビの未成体4匹、カゲロウ類の小さな幼虫20匹、オニヤンマの幼虫13匹、コオニヤンマの幼虫1匹、ギンヤンマの幼虫1匹がとれました。オオクチバスとアメリカザリガニは駆除をして、ナーセリーの肥料用や玉津第一小学校の水槽の餌用に持ち帰り、他は全てリリースしました。

参加者のようす

明石川の源流はとても細くて生き物の気配はなかったけど、テナガエビやオニヤンマの幼虫など生き物がいました。しかし、小さいアメリカザリガニやオオクチバスの幼魚もとれました。この沢のさらに上流にはため池があり、そこで捨てられて繁殖したアメリカザリガニやオオクチバスが流れてきたのだと思いました。これより下流の生き物のためにも、少しでも駆除することができてよかったです。

感想・気づいたこと・考えたこと

また、源流では、春が近づいているからなのか、小さい虫が眼に入りそうなほどたくさん飛び回っていました。この虫たちが魚などの生き物の命や明石川の豊かさを支えていると思うと、とても感動しました。ぼくもこの活動で、生き物の命や明石川を支えていきたいです。

その他

報告担当:KR(中3)

玉一アクアリウムのみなさんへ
源流(げんりゅう)まで、生き物調査おつかれさまでした!
川の源流はロマンですね^^私も何度か探(さが)し回ったことがあります。
さて、源流近くでもアメリカザリガニやオオクチバスの幼魚(ようぎょ)がいることに大変驚(おどろ)きました。源流の環境は、みなさんが感じたようにとても繊細(せんさい)で外部の影響(えいきょう)をうけやすい環境です。
ぜひ、この源流の状況(じょうきょう)も課題として取り組んでもらえるよう、地域(ちいき)の方に発信してもらえればと思います。よろしくお願いします。
エコまる
玉一アクアリウムのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

999 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名玉一アクアリウム
  • 所在地兵庫県神戸市
  • クラブの種類その他

クラブ写真

玉一アクアリウムは、明石川を守り育てる活動をしている小中高生のグループです。
1年を通して週に1度は川に入り、魚や水生生物をとって川の環境を調査しています。絶滅危惧種や在来種は、調査の後にリリースし、外来種はリリースせずに駆除をして、その命を無駄にしないように、みんなでおいしくいただいています。
活動を始めて7年目になりますが、現在は特定外来生物のブルーギルやオオクチバスが目に見えて減り、かわりにオイカワやモロコなどの幼魚や成魚が今までで一番多く、成果を感じています。そして知識向上のために漁協や水族館や試験場や市の観察会などに参加して勉強していますが、その度にいろんな事で、様々な人達に親切にしていただいています。明石川のためにはもちろんのこと、その方々のためにもこれからもしっかり学んで行きたいです。
※オオクチバスとブルーギルを環境省と農水省から許可をもらって飼っています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧