活動レポート

活動レポート

ヒメボタル生息地保全活動

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ(兵庫県尼崎市)

活動日:

2021年2月27日

実施場所:

猪名川河川敷

参加メンバー&サポーター数:

22人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:住み続けられるまちづくりを
  • SDGs:つくる責任つかう責任
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

猪名川河川事務所の方と話し合い、ヒメボタルの生息地保全と水害対策を両立させるために、河川敷に生えた木が小さいうちに人の力で切ることになりました。
子ども達も一緒に、ヒメボタルがすむ場所を守る活動です。

参加者のようす

ノコギリの使い方を教わって、ヘルメットを着けてヤナギの木を切っていきます。切った木は、小さく切って運び出せるようにします。ヒメボタルがすめる場所を守るためにがんばりました。

感想・気づいたこと・考えたこと

柳の木は1年で3m以上も伸びることが分かりました。初めてノコギリで本物の木を伐りました。疲れたけどとっても楽しかったです。
5月にたくさんのヒメボタルの光が見られるといいなぁと思います。

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみなさん、活動報告をありがとうございます。
みんなで力を合わせての作業、おつかれ様でした。初めてのノコギリ体験も上手にできたようですね^^
さて、ヤナギは河川(かせん)の景観(けいかん)をととのえるのによいものです。一方、水害対策(すいがいたいさく)にもなり、かつては水害防止(すいがいぼうし)のために重要(じゅうよう)なやくわりを担(にな)っていた河畔林(かはんりん)の一つでもありました。さて、ヤナギはどれほどの長さに切ったのでしょうか。ヤナギはそれほど高い木にはならないので、ホタルが飛ぶための飛翔空間(ひしょうくんかん)を確保(かくほ)するのによいのではないかと思います。「ヒメボタルの生息地保全(ほぜん)と水害対策の両立(りょうりつ)」について、メンバーとサポーターさん、さらに猪名川河川事務所、ホタルの専門家(せんもんか)と話し合ってみてください。では、次回の報告も楽しみにしています。
エコまる
自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

55 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
  • 所在地兵庫県尼崎市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

尼崎市という都市の中で比較的に田畑や自然が残っている園田地域で、地域の自然を楽しみ守る活動をしています。
 藻川の河原には、ヒメボタルがたくさん生息しています。ヒメボタルを守るために、河原のゴミ拾いや特定外来植物:アレチウリやオオブタクサの駆除活動をおこなっています。
 また、川に入っての生き物さがし、河原のバッタなどの観察、春の野草を食べる会、猪名川自然林での木の実遊びなどをおこない、たくさんの子ども達に私達のまちの自然に関心を持ってもらうための活動もしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧