活動レポート

活動レポート

ソラダス(二酸化窒素簡易測定)冬

せいわエコクラブ(大阪府大阪市)

活動日:

2020年12月4日

実施場所:

大阪市天王寺区 中央区 阿倍野区

参加メンバー&サポーター数:

11人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

毎年 6月だけの参加ですが
コロナ禍 どのように変化したのか知りたくて「ソラダス」(NO2測定運動)に参加しました。
測定には「天谷式」と呼ばれる小さなカプセルを使います
本年は コロナ禍 測定地点を メンバーが通っている小学校中学校 と例年値が高い交差点など 10ケ所と青森県弘前市「HEP21」の5ケ所で観測しました

参加者のようす

6月に比べて 車は増えました。それでも一年前に比べたら少ないと思います。インドやヨーロッパのように悪化しているのか心配になりました

感想・気づいたこと・考えたこと

ソラダスの観測では 大阪市天王寺区は あまりよくありませんそんな中小学校 中学校が観測に協力していただけることに 感謝です

せいわエコクラブのみなさんへ
ソラダス(二酸化窒素簡易測定)運動、お疲れさまでした。みんなの測定の様子をみて本当に感心しました。より広く、より細かく住宅などの環境に合わせて調査ができるのですね。そしてさらに全国でもその観測が広がっているのですね。
私も少し調べてみましたが、大阪での二酸化窒素の測定の活動は、1970年代から既に行われていたようですね。
その時代は私もまだ子どもで、大阪に住んでいましたが、「光化学スモッグ」のような大気汚染の公害で警報がでると外で遊べなかった記憶があります。
さて、みなさんの感想にもありましたが、大気の様子は、なかなか数年単位では変化が見られないかもしれませんね。でも継続して続けたり、様々な地域で計測すると、いろいろな変化をとらえることができると思います。これからもこの活動を後輩たちに受け継ぎながら続けていってほしいと願っています!
エコまる
せいわエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

23 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名せいわエコクラブ
  • 所在地大阪府大阪市
  • クラブの種類子供会

クラブ写真

メンバーは高校3年生~小学1年生までです。それぞれのエコ活動を目指しています。
共通のテーマは「水はどこから」です。私たちの飲み水について琵琶湖湖西での間伐のお手伝いを通して自然を守る大切さを学んでいます。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧