活動レポート

活動レポート

ふれあい 水源の森

せいわエコクラブ(大阪府大阪市)

活動日:

2020年8月23日

実施場所:

滋賀県馬ケ瀬の森

参加メンバー&サポーター数:

22人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:葉・樹木 葉・樹木

活動内容

「水はどこから」 のテーマで 20年続けている NPO法人自然と緑 との交流は メンバー全員だいすきです。
コロナ禍でも 森の中では 熱中症対策のため マスクは外します。もちろん駅に着いたときは 手指の消毒 森の中では向かい合っての話は 2m空ける を注意して活動しました。

参加者のようす

マスクを外しての間伐は いつもとは違い 自然の中で自由に空気を吸えることに 一段と感謝の気持ちが出ました。
コロナで 自宅周辺では 公園で遊ぶこともままならず メンバーにもストレスが溜まっていたと思います。
本日は 男子組 3本 女子組 1本の間伐をしました

感想・気づいたこと・考えたこと

自然な中で 思いっきり動き 活動出来るのは本当に幸せでした。
大阪市内に戻って マスク生活に成りますが また 秋にこの森での活動を楽しみにして 自粛生活を頑張ります。

せいわエコクラブのみなさん、こんにちは。
今回は大阪から滋賀県だとちょっと遠くにお出かけで、わくわくしたことでしょう。夏のレポートですが、コロナと熱中症のそれぞれの対策をしながら間伐作業ということで大変でしたね。でも、その対策をひとつひとつきっちりやっていてすばらしいと思います。
馬ヶ瀬の森と琵琶湖は大阪に住んでいるみなさんとも水をとおしてつながっている場所ですね。ひさしぶりに森の中でのびのび活動して、自然のなかでマスクをはずして息をすると気持ちよかったでしょう。
「NPO法人自然と緑」さんはずいぶん長いあいだ活動している団体なんですね。交流では一緒に野外活動をしたり、お話をきいたりいろいろと勉強になったことでしょう。ぜひみなさんも自然のいろいろなふしぎに興味をもってじっくりとつきあっていってほしいと思います。
コロナ禍は続いていますが、ときどきは外でのびのび活動できるといいですね。これからも応援しています。
またレポートをよろしくお願いします。
エコまる
せいわエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

93 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名せいわエコクラブ
  • 所在地大阪府大阪市
  • クラブの種類子供会

クラブ写真

メンバーは高校3年生~小学1年生までです。それぞれのエコ活動を目指しています。
共通のテーマは「水はどこから」です。私たちの飲み水について琵琶湖湖西での間伐のお手伝いを通して自然を守る大切さを学んでいます。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧