活動レポート

活動レポート

七草がゆの試食

玉一アクアリウム(兵庫県神戸市)

活動日:

2021年1月7日

実施場所:

メンバーの自宅

参加メンバー&サポーター数:

4人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

活動内容

1月3日につんだ七草を今朝それぞれの家で七草がゆにして試食しました。昨年までは、ナーセリーで七草がゆを作ってみんなで食べていましたが、今年は新しい様式です。

参加者のようす

私の家では、塩とこしょうで味付けをしました。ぼくの家では、まろやかポンズで味付けをしました。無病息災を願って家族でいただきました。

感想・気づいたこと・考えたこと

私は、いつもは口にしない味と香りなので、七草の土のようなにおいが少し気になりましたが、自分たちでつんで食べるという貴重な体験ができてうれしかったです。ぼくは、土の香りも含めてとてもおいしかったです。

その他

報告担当:TS(小6)、NR(小6)

玉一アクアリウムさん、レポートをありがとうございます!
風習の由来や決まりはいろいろあるようですが、1月7日は朝食に7草粥を食べるのが日本の伝統ですね。
七草には春と秋がありますが、春の「セリ、ナズナ」で始まり、「スズナ、スズシロ」で終わる経文(?)はみなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか^^でも真ん中の「ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ」については、街中では畦道(あぜみち)がないため実物を知らず、八百屋さんの店頭で見るだけの人も多いかと思います。
みなさんは自分たちでつんだ七草で七草がゆを作ったのですね。七草全部を集められましたか?
土の香りは好ききらいがあると思いますが、それも含めて七草がゆ。とてもおいしかったという感想もあって、すてきだなと思いました^^次回のレポートも楽しみにしています。
エコまる
玉一アクアリウムのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

55 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名玉一アクアリウム
  • 所在地兵庫県神戸市
  • クラブの種類その他

クラブ写真

玉一アクアリウムは、明石川を守り育てる活動をしている小中高生のグループです。
1年を通して週に1度は川に入り、魚や水生生物をとって川の環境を調査しています。絶滅危惧種や在来種は、調査の後にリリースし、外来種はリリースせずに駆除をして、その命を無駄にしないように、みんなでおいしくいただいています。
2007年より活動を開始していますが、現在は特定外来生物のブルーギルやオオクチバスが目に見えて減り、かわりにオイカワやモロコなどの幼魚や成魚が今までで一番多く、成果を感じています。そして知識向上のために漁協や水族館や試験場や棚田の保全活動などに参加して勉強していますが、その度にいろんな事で、様々な人達に親切にしていただいています。明石川のためにはもちろんのこと、その方々のためにもこれからもしっかり学んで行きたいです。
※オオクチバスとブルーギルを環境省と農水省から許可をもらって飼っています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧