活動レポート

活動レポート

明石川中流調査

玉一アクアリウム(兵庫県神戸市)

活動日:

2020年12月2日

実施場所:

神戸市 明石川中流

参加メンバー&サポーター数:

2人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

活動内容

明石川中流で1時間調査をしました。オイカワの幼魚230匹、カマツカの幼魚2匹、ニホンイシガメの成体2匹、ミナミヌマエビの幼体~成体約1000匹、ヒラテテナガエビの幼体~成体7匹、スジエビの成体3匹、モクズガニの成体1匹、タニガワカゲロウの幼虫1匹がとれました。ぜんぶリリースしました。

参加者のようす

集合場所のナーセリーに時間よりも早く着いたので、近くのグッピーのいる水路で駆除をかねて10分間調査をしました。12月なのに、まだグッピーが40匹近くとれました。明石川の流れのゆるやかな深い川底で、カメ2匹が冬眠の準備をしていたので、つかまえて確認しました。こうらにはコケが生えて黒っぽく見えたけど、首を伸ばすと頭が小さくて細長く、こうらの後ろがギザギザで足にオレンジ色の線があって、臭くないことから2匹ともニホンイシガメとわかりました。

感想・気づいたこと・考えたこと

河原にカヤネズミの巣もありました。神戸市絶滅危惧種のカヤネズミやニホンイシガメやヒラテテナガエビなど、たくさん見られてうれしいです。これからも調査を続けて守っていきたいです。

その他

報告担当:NR(小6)

玉一アクアリウムのみなさん、こんにちは。
明石川中流の調査おつかれさまでした。気温も水温もずいぶん下がってきましたが、みなさんが調査をするとやっぱりすごい数の生きものがとれますね。ヒラテテナガエビやイシガメなど、貴重な種も含まれていて、なかなか興味深い結果です。カヤネズミの巣があったということは、水の中だけでなく川をとりまく周辺にもいろいろな生きものが生活する場所が広がっているということですね。
最近は、どこに行っても見かけるカメはアカミミガメばかりで、イシガメはすっかり見かけない生きものになってしまいました。レポートにも書いてあるけど、みなさんは生きものの見た感じでなく、きちんとほかの種と見分けるポイントになる特徴を見て判断しているところがすばらしいと思います。たしかに、においを出すかどうかも決め手のひとつで重要です。
いっぽう、ナーセリー近くの水路では寒くなっているのにグッピーがたくさん採れて気になりますね。これからどうなるか、しっかり観察していってください。
つぎのレポートも楽しみにしています。
エコまる
玉一アクアリウムのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

408 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名玉一アクアリウム
  • 所在地兵庫県神戸市
  • クラブの種類その他

クラブ写真

玉一アクアリウムは、明石川を守り育てる活動をしている小中高生のグループです。
1年を通して週に1度は川に入り、魚や水生生物をとって川の環境を調査しています。絶滅危惧種や在来種は、調査の後にリリースし、外来種はリリースせずに駆除をして、その命を無駄にしないように、みんなでおいしくいただいています。
2007年より活動を開始していますが、現在は特定外来生物のブルーギルやオオクチバスが目に見えて減り、かわりにオイカワやモロコなどの幼魚や成魚が今までで一番多く、成果を感じています。そして知識向上のために漁協や水族館や試験場や棚田の保全活動などに参加して勉強していますが、その度にいろんな事で、様々な人達に親切にしていただいています。明石川のためにはもちろんのこと、その方々のためにもこれからもしっかり学んで行きたいです。
※オオクチバスとブルーギルを環境省と農水省から許可をもらって飼っています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧