活動レポート

活動レポート

海のお魚釣り調査

南三陸少年少女自然調査隊(宮城県南三陸町)

活動日:

2020年11月1日

実施場所:

伊里前漁港(管の浜地区)

参加メンバー&サポーター数:

10人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

地元の海にどんな魚が暮らしているかを、子ども達自身の手で調査するため、釣りによる採取と観察を行いました。

参加者のようす

釣りに初挑戦の隊員が多く、最初はエサのゴカイを付けるのに悪戦苦闘している様子も見られましたが、次第にエサ付けから釣りあげまでスムーズにできるようになりました。前半はなかなか魚が釣れませんでしたが、後半になると続々と釣り上げる隊員が出てきたので、指導していたサポーター側も一安心しました。

感想・気づいたこと・考えたこと

「初めて釣りをしたけど、たくさん魚が釣れてよかったです」
「漁師の人にマダイの幼魚を見せてもらった。町の海にもタイがいることがわかった」

その他

【今回釣れた魚】
アイナメ、マハゼ、アサヒアナハゼ、ダイナンギンポ、ドンコ、ウミタナゴ、ヒガンフグ、クサフグ、マダイの幼魚(←漁港にいた漁師さんよりいただきました)

エコまる
南三陸少年少女自然調査隊のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

205 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名南三陸少年少女自然調査隊
  • 所在地宮城県南三陸町
  • クラブの種類自治体の募集

クラブ写真(No Image)

平成30年10月、志津川湾がラムサール条約登録湿地となり、南三陸町の自然の豊かさが改めて見直されました。それに伴い、将来を担う子ども達を対象に、地域の自然や文化に触れたり、他市町村と交流したり等、町への親しみを抱くきっかけとなる活動を定期的に行います。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧