活動レポート

活動レポート

トチもち作りと田中川水路調査

玉一アクアリウム(兵庫県神戸市)

活動日:

2020年11月3日

実施場所:

神戸市 フルーツフラワーナーセリー 明石川支川田中川水路

参加メンバー&サポーター数:

4人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

活動内容

採って来て1ヶ月以上水にさらしてアクを抜いたトチの実を使って、ナーセリーでトチもちを作って食べました。マスクと消毒とビニール手袋着用で、新型コロナウイルス対策にも気を配りました。その後、すぐ近くの田中川水路で1時間グッピーの駆除を目的に調査をしました。

参加者のようす

おもちに砂糖とトチの実を入れてこねたトチもちは、やわらかくてお正月に作る紅白のおもちみたいで美味しくて、トチの実の香りが少ししました。調査では、グッピーの幼魚~成魚120匹、ミナミメダカの成魚1匹、後肢が生えたヌマガエルの幼生2匹、ミナミヌマエビの幼体~成体80匹、アメリカザリガニの幼体3匹、コオイムシの成虫4匹、シオカラトンボの幼虫4匹、ギンヤンマの幼虫2匹、イトトンボの幼虫1匹が捕れました。グッピーは全匹を家で飼っている魚の餌用に持ち帰り、アメリカザリガニは全匹を玉津第一小学校で飼っているオオクチバスの餌用に持ち帰り、他は全て水路にリリースしました。

感想・気づいたこと・考えたこと

田中川水路の水が流れる先の田中川用水路には、たくさんのミナミメダカが生息していますが、この小さな水路で初めてグッピーに混ざってミナミメダカが1匹捕れました。今まで在来種の水生昆虫はたくさん捕れていましたが、在来種の魚類は初めてなので良かったです。

その他

報告担当:NA(高1サポーター)

玉一アクアリウムのみんなへ、報告担当NAさんへ
トチもちでおなかを満たしてからの田中川の水路調査でしたね。
調査で捕った生きもののうち、グッピーが一番多かったことに驚きました。家の水そうで飼っていたものを放したり、大雨の時に庭の池から流れ出たりしたグッピーが増えて、いつの間にかに一番多くなってしまったのでしょうね。
ミナミメダカが初めて捕れて良かったですね。みなさんの根気強い調査や駆除活動の成果の表れかもしれません。
これから冬になり川の水も冷たくなりますが、調査をするときは防寒対策を万全にし、今回のトチもち作りのような楽しいイベントを加えながら続けて行ってください^^きっと、たくさんのミナミメダカが観察できるようになりますよ。
エコまる
玉一アクアリウムのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

275 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名玉一アクアリウム
  • 所在地兵庫県神戸市
  • クラブの種類その他

クラブ写真

玉一アクアリウムは、明石川を守り育てる活動をしている小中高生のグループです。
1年を通して週に1度は川に入り、魚や水生生物をとって川の環境を調査しています。絶滅危惧種や在来種は、調査の後にリリースし、外来種はリリースせずに駆除をして、その命を無駄にしないように、みんなでおいしくいただいています。
活動を始めて7年目になりますが、現在は特定外来生物のブルーギルやオオクチバスが目に見えて減り、かわりにオイカワやモロコなどの幼魚や成魚が今までで一番多く、成果を感じています。そして知識向上のために漁協や水族館や試験場や市の観察会などに参加して勉強していますが、その度にいろんな事で、様々な人達に親切にしていただいています。明石川のためにはもちろんのこと、その方々のためにもこれからもしっかり学んで行きたいです。
※オオクチバスとブルーギルを環境省と農水省から許可をもらって飼っています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧