活動レポート

活動レポート

びっくり5kgのアメリカナマズGET

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2020年10月18日

実施場所:

水戸市千波湖

参加メンバー&サポーター数:

91人

活動の分野:

  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会

活動内容

千波湖市民ビオトープに参加したメンバーのご褒美は?外来種捕獲プロジェクトに参加することでした。
前日にしかけたワナやはえ縄の数は40セット。
しかけを湖岸に引き上げていきました。

参加者のようす

千波湖には2012年ころから、外来種であるアメリカナマズが生息し、元々いた魚たちを捕食しています。
一部、ビオトープに逃げ込んで増えている生物もいますが、この大型のナマズの勢いは止まりそうもありません。
約2時間で引き上げたワナには10匹のアメリカナマズがかかっていました。

感想・気づいたこと・考えたこと

その他の魚はタモロコだけという、アメリカナマズの猛威を感じました。
この他に、ミシシッピアカミミガメが3匹の成果でした。
そして、約70cm、5キロの大型アメリカナマズがかかりました。みんなびっくり!大騒ぎとなりました。
スタッフとしては、捕獲出来たことが何よりでした。

その他

千波湖は憩いの場です。
今後も外来種を減らす取り組みを行っていきます。

逆川こどもエコクラブのみなさん、こんにちは。大きなアメリカナマズですね!2012年頃から生息が確認されているとのことですが、これぐらいの大きさになるのにどれくらいの期間がかかるのでしょうか。もうかなりの数が生息しているのかもしれませんね。アメリカナマズは自分で千波湖に来たわけではなく、人間に連れてこられたので、ちょっと気の毒な気もします。みなさんのような活動を多くの人に知ってもらえば、その地域に元々いない生き物を自然に放すことは、生態系に大きな影響を与えることも学んでもらえると思います。息の長い活動になりますが、ぜひこれからもがんばっていきましょう。
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

244 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧