活動レポート

活動レポート

千波湖市民ビオトープ2020

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2020年10月18日

実施場所:

水戸市千波湖

参加メンバー&サポーター数:

81人

活動の分野:

  • 分野:ごみ・リサイクル ごみ・リサイクル
  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会

活動内容

コロナ禍において、本年度は諦めていた千波湖市民ビオトープが行われました。
毎年6月の水戸市環境フェアの際に行われていた千波湖市民ビオトープ。今年は、コロナによって中止となっていましたが、少人数で実施しようと、開催されました。

参加者のようす

今年で9年目となるこの活動は、水質悪化が目立つ千波湖において、昔の湿地帯を再生し、植物による水質浄化を進める事業として行われてきました。
本年度は、クラブメンバーこども50人に絞って開催されることになり、1か月前から湿地地盤の造成や、植えるガマやセキショウの植物採取を行ってきました。

感想・気づいたこと・考えたこと

今日は、2,000本のガマとセキショウを植えました。
子供たちは一生懸命に泥の中に植物を植えていました。
ガマなどの植物の繁殖によって、小魚やエビが生息するようになってきました。特にワカサギは増えて、散乱して自生してきていることも確認されています。
9年間で植え付けた植物は約3万本。湖畔延長300mとなりました。

その他

お疲れ様でした。

逆川こどもエコクラブのみなさん、こんにちは。
湿地での作業おつかれさまでした。サポーターさんを含めて81人ということですが、2000本の植物を水辺に植えるのは大変だったでしょう。
千波湖はむかしより水質が悪くなっているそうだけど、植物が茂る自然の水辺がなくなっているのかな?今とむかしでようすがどんなふうに変わったのか、本やインターネットで調べてみるといろいろわかるかもしれません。
これからも千波湖の生きものや水質がどうなっていくかを観察しながら、みなさんはこれからどういう活動を続けていったらいいのか、あれこれ考えてくれるとうれしいです。
またレポートをよろしくお願いします。
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

61 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧