活動レポート

活動レポート

米の脱穀・トーミ体験、サツマイモと落花生食育

まきのはら水辺の楽校(静岡県牧之原市)

活動日:

2020年10月18日

実施場所:

牧之原市片浜地区畑・田んぼ

参加メンバー&サポーター数:

13人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:農業・栽培 農業・栽培
  • 分野:分野その他 分野その他

活動内容

米の脱穀・トーミ体験、サツマイモと落花生食育

参加者のようす

 運動会シーズンと重なり、参加者は少なかったですが、稲の脱穀とトーミを行いました。脱穀は、最初は面白がり、積極的に取り組んでいましたが、途中から飽きて、遊ぶ子が目立つようになりましたが、最初にサツマイモを収穫して、焼き芋にして食べる約束をしていましたので、作業を頑張った人から、焼き芋を選ぶことにすると、真剣に取り組み始めました。
 トーミに関しては、風力選別に関して全員が興味をいだき、先んじて籾の選別作業を行っていました。

感想・気づいたこと・考えたこと

 如何しても幼児・小学低学年は、作業に厭きますので、ご褒美も必要かなと思っています。手段の良し悪しは別として、米づくりが如何に大変かを知って、少なくともフードロスが無いように、提供された食物又は、自分が取った食物は、全て食べるように約束しました。取り過ぎない事にも、気づいていました。
 風と重さ(重力)により、物が選別ができる事を体験から、発見していました。
 脱穀した藁に潜り込み、温かい事に気づいていました。冬場の作物を育てる時に、藁を畑に敷く事が何故なのか、体験から発見していました。

まきのはら水辺の楽校のみんなへ
脱穀作業は途中であきちゃったのかな。大変な作業なのでつかれちゃったでしょうか?^^
私が生まれた家でも、家族や親せきが食べる分くらいのお米を作っていました。そのため、みなさんと同じ小学生のころ、苗づくり、田植え、草取り、稲刈り、干した稲の取り込み、脱穀(だっこく)と、春から秋までいろいろな農作業の手伝いをさせられました。そのせいもあってか、大人になった今でも、よそられたご飯は一つぶも残さずに食べています^^
今回の活動で、みなさんもお米作りのたいへんさを体験できたと思います。これからご飯を食べるときには、自然の恵みと農家の人たちのご苦労に感謝しつつ、良く味わいながら、残さずに食べるようにしてくださいね^^
わらの温かさも覚えておこうね♪
エコまる
まきのはら水辺の楽校のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

93 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名まきのはら水辺の楽校
  • 所在地静岡県牧之原市
  • クラブの種類その他

クラブ写真

○里山の保全・保護活動:榛原ふるさと森の森林等の間伐・下草刈・植樹等を実施して、森林内の保全活動等に取組み、水源の確保と有益な水づくりに取組んでいる。
○谷津田の保全・保護活動と無農薬による米づくり活動:谷津田の内の田んぼで、完全無農薬で古代米づくりを行っている。有機堆肥として落葉樹の落葉を集めて堆肥化している。堆肥化した落葉に産卵されたカブトムシ等の幼虫を翌年森に戻したり、水溜を作って両生類等の生息環境を保持して、生物多様性による食物連鎖で稲の保護に努めている。
○生物観察会と動植物モニタリング調査の開催:生物観察会(モニタリング調査)は、春夏秋冬各1回づつ行っている。活動当初より生態系が多様性に変貌しており、当初は見られなかったゲンジホタルが乱舞する姿や、ゲンゴロウ等の姿を多数確認できるようになった。タゴカエル・ヤマアカカエル等多種のカエルも確認できている。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧