活動レポート

活動レポート

鵜殿のヨシ原を観察しました

高槻市立第六中学校・自然観察同好会(大阪府高槻市)

活動日:

2020年7月28日

実施場所:

淀川・鵜殿のヨシ原

参加メンバー&サポーター数:

8人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

2月以来の観察です。1年生が校外で活動できるようになり初めての活動です。大阪府高槻市鵜殿から上牧に広がり、宇治川・桂川・木津川が合流し、淀川となる合流地点から5kmほど下った淀川右岸にあります。学校から自転車で20分くらいです。ヨシの成長や外来植物の広がりを減らすため毎年ヨシ焼きが行われます。今年は雨のため中止になりました。中まで入ることはできませんが、例年と変わらず成長しているように見えます。ヨシ原のまわりに排水用の水路があり、水質と生物調査を行いました。
水質:気温30℃、水温26℃、COD7
生物:スジエビ、ヌマエビ、ギンブナ、アメリカザリガニ、ブラックバス

参加者のようす

雨模様で、往復15Kmほどでしたが1年生は元気です。
生物も上手に捕っています。
興味を持って活動できました。

感想・気づいたこと・考えたこと

ヨシは水質浄化作用があると聞いていますがきれいな水とはいえません。ザリガニがたくさんいました。ただ、すべてオスでした。雌は卵をかかえて隠れているからでしょうか。在来種は持ち帰り、水槽で展示します。外来種はエサか畑の肥料にします。

エコまる
高槻市立第六中学校・自然観察同好会のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

743 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名高槻市立第六中学校・自然観察同好会
  • 所在地大阪府高槻市
  • クラブの種類学校のクラブ

クラブ写真

6中は琵琶湖と大阪湾の中間くらいにあり、近くに淀川や芥川、桧尾川があります。
校内に畑をつくり、トマト、サツマイモ、ピーマン、水菜、キャベツ、サトイモ、エンドウ、イチゴなど主に野菜を育てています。職員室前には同好会のスペースをつくり、スジエビ、テナガエビ、ドンコ、ドジョウナギ、オイカワ、カブト、クワガタなどを飼っています。平日は畑や魚の世話をしています。休日や夏休みは川で活動したり、河川の行事に参加しています。活動の様子は新聞にして校内に掲示しています。同好会の目標は、淀川や芥川の自然を自転車を使って観察し、クリーンキャンペーンなどの清掃活動や外来生物の除去など自然や川を守る活動に参加し、「自然の大切さを学び、伝えていく」というものです。
河川敷を自転車で走りながら自然に目を向けると、心が穏やかになりとても気持ちよくなります。これから交流できることを楽しみにしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧