活動レポート

活動レポート

ホタルネットワークmito 茨城セブンの森活動開始

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2018年6月8日

実施場所:

茨城県水戸市見川

参加メンバー&サポーター数:

312人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

茨城セブンの森の調印式には、水戸英宏中学校講堂にて、県知事、市長、こどもエコクラブ全国事務局様はじめ、400人余りの参列者に見守られて執り行うことができました。
その後、着替えをして、ホタルネットワークmitoの作業現場となる、英宏の泉に移動して出陣式を行いました。開始時間前には、セブン-イレブンより、140人もの方々が続々と、軍手と鎌、草刈り機などを持参されて、颯爽と登場されました。

参加者のようす

知事を先頭に、出陣式を行い、活動がスタートしました。写真には納まりきれないほどの300人もの体制で2時間、荒れ地の下草刈り、間伐、粗大ごみの回収を行うことができました。

感想・気づいたこと・考えたこと

人が集まると、素晴らしいスピードで、森の再生が進んでいくことを実感しました。あっという間に、約1haの整備が完了しました。参加したクラブメンバー、サポーターも、セブン-イレブンの方々と楽しく、パワフルに活動することができました。

その他

2005年、クラブが発足した時に、3歳だったメンバーも高校2年生となり、リーダーとして活動に参加していました。また、低炭素杯2017で環境大臣賞金賞を受賞した水戸英宏中学校のOBも、2015で最優秀わくわく未来賞を受賞した常磐大学のOBも、皆が集まってくれました。
事務局は、ホタル再生に取り組んできたクラブの足跡と、それにかかわっていただいた全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

36 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧