活動レポート

活動レポート

湘南海岸でゴミ拾いをしました!

引地川水とみどりの会こどもエコクラブ(神奈川県大和市)

活動日:

2013年9月22日

実施場所:

湘南・鵠沼海岸(神奈川県藤沢市)

参加メンバー&サポーター数:

11人

活動の分野:

  • 分野:ごみ・リサイクル ごみ・リサイクル
  • 分野:水
  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会

活動内容

引地川の河口「湘南・鵠沼海岸」のビーチクリーンアップに参加しました!

参加者のようす

いつもゴミひろいをしている引地川は、海に流れています。今日は引地川の河口近くの「鵠沼(くげぬま)海岸」でおこなわれている「ビーチクリーンアップ」に参加しました。
大和駅で集合してから、電車で行きました。

感想・気づいたこと・考えたこと

・川のゴミと違って、海のゴミは小さくて拾いにくかった。
・小さすぎて、何のゴミか見当の付かないものが多かったです。
・ゴミかと思って拾ったら、ツメタガイという貝の卵でした。
・台風の後だったので、ゴミの量が去年より多く感じた。
・発泡スチロールの細かいゴミが一番多く、次に多かったのはプラスチック系のゴミでした。
・タバコのフィルターは今回少なめでした。
・終わった後、みんなで江ノ島に行きました。すごい人出でした。

その他

普段活動している引地川を離れ、河口付近の「鵠沼(くげぬま)海岸」で行われる「国際ビーチクリーンアップ」に去年に引き続き今年も参加させて頂きました。今回は中学生4名、高校生3名の構成です。
川から流れ出るゴミは紫外線や川の流れの影響で細かくなり、海へと流れ出てしまいます。こどもたちは、砂浜に落ちている、細かく砕かれたゴミを拾いながら、捨てられたゴミによる環境汚染の現状を経験できたかと思っています。
一週間前に台風が通過した影響か、海岸の細かいゴミは多めでした。高潮になると海底の細かいゴミが打ち上げられて出てくるそうです。
今年はお天気に恵まれ、汗ばむ一日でした。終了後はみんなで江ノ島探索に出かけましたが、連休のためかどこも人、人..お昼を食べるにも、どこも大行列でした(笑)

引地川水とみどりの会こどもエコクラブの皆さん報告有難う。引地川の河口「湘南・鵠沼海岸」のビーチクリーンアップ作業でのプラスチックごみの観察と考察よくわかり説得性があります。紫外線と波の作用は「百聞は一見にしかず」の諺を思い出せます。また深海へ沈降したぽりスチレンの発泡体(水を完全に吸うと沈む)はどうなるのかなと想像しますが、これだけわかっていると海岸清掃の能率化、機械化も考えられます。たとえば考察にあるような発泡体は同じ大きさの細かい粒なら小型のサイクロン分離機を手作りして、電気掃除機と組み合わせて吸引してみて粗分離できるでしょう。その必要性は別にして科学実験の課題として面白い勉強になります。
エコまる
引地川水とみどりの会こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

999 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名引地川水とみどりの会こどもエコクラブ
  • 所在地神奈川県大和市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

神奈川県大和市を水源に持ち、湘南海岸に流れる全長21.3kmの河川「引地川(ひきじがわ)」の清掃活動を月1~2回のペースで行っています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧