活動レポート

活動レポート

桑の実を採ってジャムを作ろう

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ(兵庫県尼崎市)

活動日:

2021年6月12日

実施場所:

猪名川自然林

参加メンバー&サポーター数:

14人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:住み続けられるまちづくりを
  • SDGs:陸の豊かさも守ろう

活動内容

猪名川・藻川の河川敷にはたくさんの桑の木がありましたが、河川の治水工事で伐採されてしまいました。自然林の片隅にうえていた桑の木で実を採ってジャムを作ります。自然の恵みをみんなで味わいます。

参加者のようす

桑の木から、しっかり熟した実を選んで採っていきます。赤紫色になったものを採ると、手も赤紫色になります。服に付かないように気をつけながら収穫し、洗ってから鍋に入れ、砂糖も入れて煮詰めていきます。しゃもじでかき混ぜながら楽しそうにチャレンジしています。

感想・気づいたこと・考えたこと

桑の実は、そのまま食べても美味しかったです。手が紫色になりました。ジャムになるまでに時間がかかりました。クッキーに付けて試食しました。とっても美味しかったです。お土産にタッパーに入れて持って帰りました。美味しいジャムが作れてうれしかったです。

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみなさんこんにちは!
桑の実のジャムすてきですね。この時期は、桑のほかに「ヤマモモ」のジャムもおいしいですよ^^
自然からの贈り物を頂くのも大切なことですね。これから秋になると「シャシャンボ」の実ができます。シャシャンボのジャムもブルーベリーのような味でおいしいですよ。日本人は長い間季節ごとの自然からの贈り物をいただきながら暮らしてきました。ですが最近はだんだん季節感がうすれ、自然の移り変わりを感じられなくなっています。これからも自然を感じて、自然環境を大切にしたいですね。また報告してくださいね。
エコまる
自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

45 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
  • 所在地兵庫県尼崎市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

尼崎市という都市の中で比較的に田畑や自然が残っている園田地域で、地域の自然を楽しみ守る活動をしています。
 藻川の河原には、ヒメボタルがたくさん生息しています。ヒメボタルを守るために、河原のゴミ拾いや特定外来植物:アレチウリやオオブタクサの駆除活動をおこなっています。
 また、川に入っての生き物さがし、河原のバッタなどの観察、春の野草を食べる会、猪名川自然林での木の実遊びなどをおこない、たくさんの子ども達に私達のまちの自然に関心を持ってもらうための活動もしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧