活動レポート

活動レポート

7月の観察

大島自然たんけんたい(群馬県館林市)

活動日:

2020年7月21日

実施場所:

学校周辺

参加メンバー&サポーター数:

10人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

7月に入って校庭の築山からセミの鳴き声が聞こえてきました。学校周辺は田んぼに囲まれているので、たくさんの小さなカエルがいます。

参加者のようす

生き物の観察や写真撮影に慣れてきたので、一人一人が自分なりの視点をもって取り組んでいます。

感想・気づいたこと・考えたこと

6月にはツマグロヒョウモンがいっぱいいたのに、7月にはカエルがいっぱいになりました。ドロバチがいました。ツマグロヒョウモンが少なくなりました。カエルがぴょんぴょん跳んで楽しかった。かえるの目に線があった。セミのぬけがらがウサギ小屋の前にあった。

その他

秋の虫も探検したいです。

エコまる
大島自然たんけんたいのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

152 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名大島自然たんけんたい
  • 所在地群馬県館林市
  • クラブの種類学校のクラス

クラブ写真

館林市立第四小学校は、学校のすぐ北側に渡良瀬川が流れ、周辺には広大な田んぼのある自然豊かな環境です。そして、花壇や学校園には、たくさんのカエルや昆虫が生息し、野生動物の足跡などもあります。本校の元気な3年生が、これから「大島自然たんけんたい」として学校周辺の動植物を調べ、大島の自然を守るために活動をしていきます。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧